スポンサーリンク

【AEW】新入団したキース・リーの婚約者ミア・イムがロースターに加わる計画はあるのか?

ニュース

Dynamiteの最新回でデビューを果たし、AEWとの契約も発表されたキース・リー。彼はどう考えてもAEWの適正が高いので、今後の大活躍が期待されています。

【AEW】ジェイ・ホワイトが登場!キース・リーが契約!
2人来た! Dynamite最新回では、あるトップレスラーが団体と契約し、アイザイア・キャシディとのラダーマッチに挑戦すると発表されていました。トニー・カーン社長はこれを「禁断の扉が開く」と予想。団体内では、新契約選手はキース...

新型コロナウイルスに感染したり、メインロースター昇格後にスポットライトを浴びることなく解雇されたりと散々な2021年を過ごしたリーですが、2022年1月にパートナーのミア・イムと婚約したことを明かしました。レスラーの職場結婚はあるあるです。

リーがAEWに入団したとなると、実績十分の女子レスラーであるイムもロースターに加わるのではないか、と期待してしまいます。長年に渡ってファンから高く評価されてきた彼女が女性戦線に加われば、確実に戦力アップに繋がります。

Fightfulによれば、現時点ではAEWが彼女と契約する予定はないそうです。団体がなぜ契約に興味を示さないのかは不明ですが、レスラーとの契約はトニー・カーン社長が最終的な決定権を持つため、彼が興味を示せば話が前に進むのではないかと思われます。

個人的には、彼女がAEWで活躍する姿を見たいです。インタージェンダー・マッチの可能性も膨らみますし、デメリットはないような気が…。

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【新日本プロレス】タマ・トンガが再契約に合意したことを発表
Bullet Clubの最古参レスラー、タマ・トンガ。新日本プロレス愛あふれる言動がファンから愛され、さらなる活躍を常に待望されています。 現在39歳。今年ついに40代に突入するタマちゃんは、2022年1月30日に新日本都の契...
【AEW】ランス・アーチャーが「ムーンサルトを頭部で着地してしまい、2ヶ月間欠場したこと」を振り返る。「死んでいたかもしれない」
2021年10月に放送されたDynamiteでのエディ・キングストン戦において、コーナートップからのムーンサルトプレスを頭部で着地してしまい、試合続行が不可能になったランス・アーチャー。 その時の様子をファンが撮影した動画がこ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました