スポンサーリンク

【WWE】コーリー・グレイブスが「現役復帰許可が出たこと」を認める。「正気を保つために必要なんだ」

ニュース

脳震盪が原因で2014年に現役を引退したコーリー・グレイブス。現在はカラーコメンテーターとして活躍しています。

2022年1月、団体から彼に対して現役復帰の許可が出たと報じられました。活動に厳しい制限が課せられる「接触禁止リスト」に入っていた彼は、これまでにはできなかった「アクション」ができるようになったのです。

TMZのインタビューに応じた彼は、許可が出たことを認めました。その上で、彼にとって現役復帰がゴールではないとコメントしています。

去年の半ばにドクターたちと時間を費やすようになった。むず痒い感じだよ。このことについて公言するのはこれがはじめてなんだが、ドクターから試合出場の許可が出ている。ただ、それがゴールというわけじゃない。正気を保つために必要なことだったんだよ。

俺のプロレスラーとしての旅は短くならざるを得なかった。それで何年も苦しんだよ。もしチャンスがあれば、機会があれば……って、いつも思ってた。ところが、必要なステップを踏んでみたら、俺が思ってる以上に大丈夫そうだってことがわかったんだよね。

今後、彼が試合に出るかどうかはわかりません。ただ、彼の「後悔」が少しだけ解消されたのは間違いないのです。

TMZ

あわせて読みたい

ジョナサン・グレシャムが語る「WWE&AEWからオファーが来たらどうするか?」
ROH世界王座保持者のジョナサン・グレシャム。 ROHが全所属レスラーとの契約を解消した後、元ロースターたちは他団体に移籍するケースが増えています。ブロディ・キングとジェイ・リーサルはAEWへ、The OGKとPCOはインパク...
【WWE】セザーロ退団の経緯が明らかに。彼は退団を望んでいなかったが…
昨日、WWEとの契約を満了し、退団したことが報じられたセザーロ。 レスリング・オブザーバーは、彼の退団の経緯を報じています。 まず、両者は残留に向けた交渉をしていました。少なくともセザーロ側は退団を望んでおらず、WWE側...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました