スポンサーリンク

【AEW】契約延長に合意したと報じられたブライアン・ケイジ。契約期間はいつまで?

ニュース

2021年10月以降試合出場の機会がなく、契約満了とともに退団することが有力視されていたものの、1年間の契約延長オプションの行使に合意し残留することになったと報じられているブライアン・ケイジ。

彼の決断には誰もが驚きました。冷遇されている状況をどのように覆していくのかに注目ですね。ところで、ケイジの契約はいつまで続くのでしょうか?

Fightfulによれば、もともとの契約は2022年2月21日で満了していたとのこと。1年間の契約延長ということで、2023年2月下旬まではAEWのロースターの一員として活動していくことになります。

彼の実力は誰もが認めるところです。報道によれば、もし彼がフリーエージェントになっていれば、他団体が獲得に興味を示す可能性が高かったようです。そうした気配は本人も感づいていたと思われますが、それでも残留を決断したということは、何らかの確固たる理由があるのでしょう。一体どうなることやら…。

(Fightful, 411MANIA)

あわせて読みたい

ジョナサン・グレシャムが語る「WWE&AEWからオファーが来たらどうするか?」
ROH世界王座保持者のジョナサン・グレシャム。 ROHが全所属レスラーとの契約を解消した後、元ロースターたちは他団体に移籍するケースが増えています。ブロディ・キングとジェイ・リーサルはAEWへ、The OGKとPCOはインパク...
現在のWWEで最も稼いでいる選手は一体誰なのか?
業界最大手のWWEは、選手たちとも高額年俸での契約を結んでいます。トップ層の年俸は日本円にして1億円を超えています。 先日、AJスタイルズが新たな契約を結んで残留することが報じられました。今後の年俸は300万ドルをはるかに超え...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました