スポンサーリンク

インパクト・レスリングがブリスコズの定期参戦を狙っていると報じられる

未分類

現地4月1日開催のROH「Supercard of Honor」でFTRを相手にとんでもないタッグマッチを演じてみせたブリスコズ。

タッグ結成から20年以上が経った今も一級戦で活躍できることを世界中のプロレスファンに知らしめた試合でした。

ヤング・バックスがROH「Supercard of Honor」に登場!世界一のタッグチームを巡る争いへ
現地4月1日に開催されたROH「Supercard of Honor」。 ショーの目玉カードの1つに、ブリスコズとFTRによるROH世界タッグ王座のタイトルマッチがありました。インディシーンのタッグ戦線を支え続け、21世紀を代...

ROHはAEWのトニー・カーン社長が買収したため、今後もトニーの影響下で運営されていくことになります。今後方針が変わるかもしれませんが、レスラーたちは団体との契約にサインせず、スポット参戦になる予定です。フリーエージェントとしてROHに参戦するのか、それとも他団体と契約した上で参戦するのか?

PWInsiderによれば、インパクト・レスリングはブリスコズの定期参戦を狙っているそうです。拠点となる団体を持ち、その上でROHを含むインディ団体に参戦するというアイデアは、ブリスコズにとって悪くないでしょう。

ちなみに、AEWのテレビ番組を放送するワーナーメディアの幹部は、ジェイ・ブリスコが過去にSNSへ投稿した同性愛嫌悪発言を問題視しており、AEWとブリスコズの契約を阻止しているとされています。

【AEW】サモア・ジョーがROHへの復帰にコメント。「トニー・カーンによる買収は大きい」
現地4月1日開催のROH「Supercard of Honor」。メインイベント終了後、サモア・ジョーが登場して会場は大歓声に包まれました。 かつてROH世界王座のチャンピオンとして600日以上もタイトルを保持し続けたレジェン...

PWInsider

あわせて読みたい

コーディ・ローデスがWWEへの復帰にコメント。「俺は俺じゃなければならない。The American Nightmareじゃなければ」
レッスルマニア38にサプライズ登場し、セス・ロリンズとのシングルマッチを制したコーディ・ローデス。 Bullet Club、The Eliteのメンバーとして革命を起こすべく精力的に活動していた3年、そしてAE...

 

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました