スポンサーリンク

【WWE】コーディ・ローデスが復帰を考え始めたのはいつ?「もうチャンスはないと思っていたから」

ニュース

2021年末、AEWとCodyの契約が満了しました。

その後、彼はフリーエージェントとしてAEWに参戦。しかし、2022年2月に退団を発表し、4月にはWWEのレッスルマニア38にサプライズ登場たのです。セス・ロリンズを下し、RAWの最新回にも登場しました。

【WWE】Cody、ついにレッスルマニア38へ登場!セス・ロリンズの対戦相手として約6年ぶりのカムバック
2022年2月にAEWを退団したCodyが、ついにWWEへ戻ってきました。 現地4月2日に開催されたレッスルマニア38の第1日、注目カードの中に「セス・ロリンズ VS ビンス・マクマホンが選んだ対戦相手」がありました。以前から...
【WWE】コーディ・ローデスがHHHとの会話を明かす。「昔、俺はたくさん悪口を言ったけど、試合前に話をした」
現役引退を表明したHHH、WWEに復帰したコーディ・ローデス。2人の関係は複雑です。 コーディはHHHの大ファンですが、AEW設立にあたって彼はHHHへの挑発を繰り返しました。旗揚げ興行「Double or Nothing」で...

AEWでは副社長として敏腕を奮っていたほか、リアリティ・ショーへの出演など、サイドビジネスにも積極的でした。そうした生活を捨て、WWEに復帰したいと考え始めたのはいつだったのでしょうか?

レッスルマニア38終了後の記者会見の中で、彼は次のように語りました。

Royal Rumbleの頃(1月下旬)かな。もうチャンスはないと思っていたから。そういう点では、WWEでの活動も誇らしかったけど、AEWでは副社長や地域支援部門の責任者をやって、「子どもたち」をたくさん抱える日々を過ごした。だから、復帰について考える余裕がなかったんだよ。ショーとビジネスを進行させていたから。動きはとても早かったし、「Go Big Show」や「Rhodes to the Top」など、楽しくて大好きなプロジェクトもたくさんやっていた。今はスピリットとバーボンのヴィンテージに関するビジネスのパイロット版を進めているんだけど、これも本当に楽しみだよ。

AEWではすべてが高速で動いていた。子供が生まれた時、まず「彼女は美しい」という気持ちが湧いて、次に考えたのは「たくさんお金を稼がなきゃな」だった。もう、忙しくて忙しくて。

AEWとの契約が終わり、少し時間ができたことによって、いろんなことを考えることができるようになったのでしょう。その結果がこの盛り上がりにつながっているわけですから、万々歳ですね。あとはこのスタートダッシュを継続できるかどうかです。

(Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーが怪我と戦いながら活動していると報じられる
AEWのトップレスラー、ジョン・モクスリー。 新日本プロレスのウィル・オスプレイに宣戦布告している彼のコンディションは万全ではないようです。 多忙な日々を送り、レッスルマニア・ウィークエンドも大忙しだったモクスリー。レス...
【WWE】ビンス・マクマホンの「スタナー受け」、バックステージは興奮に包まれたと報じられる
レッスルマニア38で主役級の活躍を見せたレジェンドレスラー、ストーン・コールド・スティーブ・オースチン。 今年も2夜開催となったプロレス界最大のお祭りで、彼はWWEの最高責任者、76歳のビンス・マクマホンにも十八番ムーブのスタ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました