スポンサーリンク

【WWE】ザ・ミズがこれからの活動を語る。「ファンに答えを出せるようになりたい」

インタビュー

41歳のザ・ミズ。2003年にWWEのファーム団体だったUPWで活動を開始し、長年に渡って人気者として活躍し続けています。そのショーマンシップから、WWEを象徴する選手と言っていいでしょう。

ベテランと呼ばれる年齢に差し掛かり、コロナのパンデミックが始まる前の2019年は年間の試合数が100を切りました。様々なプロジェクトもありますが、若い頃のように活動できるわけではありません。今後について、彼はどのように考えているのでしょうか?

Detroit Newsによるインタビューの中で、彼は次のように語りました。

今の俺の役割は1つだけじゃない、新顔を育てたり、メインイベントで試合をしたり、メインイベントを助けたり、ミッドカードで試合をしたり、という感じだ。どんな役割でも仕事ができるんだよ。「おい、こんな仕事があるぞ」と言われて任されれば、しっかりとこなす。アイデアを金にできる男だ。

(2021年はバッド・バニー、2022年はローガン・ポールと、レッスルマニアでセレブと試合をするケースが続いていることについて)俺の目標は、セレブが団体の外からやってきた時に、傍観者として彼らの仕事を眺めることじゃない。ファンが知りたがっているのは、「ローガン・ポールにはこんなことできるのか?」ということ。俺はファンに答えを出せるようになりたい。それがポジティブであれ、ネガティブであれ。だから、どんなセレブと仕事をすることになったとしても、彼らがベストを尽くす後押しをするつもりだよ。そのために必要なのは、彼らはハートを持っているか、献身的か、意志があるか、運動能力があるか、ということだね。

将来については、自分にとって最高のパフォーマンスを発揮し、怪我をせず、楽しみながらテレビ番組に出られたらいいな。

仕事人はこれからもWWEに欠かせない存在として走り続けます。

【WWE】ザ・ミズがレッスルマニア38でローガン・ポールを裏切った理由は何だったのか?
今年も大好評で幕を下ろしたレッスルマニア38。 ストーン・コールド・スティーブ・オースチンが2日間を通して大活躍したこと、コーディ・ローデスが帰ってきたことなど、ファンにとって嬉しい喜びがいくつもありました。 ...
【WWE】ジョン・シナがザ・ミズを称賛。「情熱とひたむきさは変わらない」
WWEで長年に渡ってトップスターとして活躍しているザ・ミズ。 生え抜きの彼は団体の選手育成能力を象徴するような存在。業界屈指のエンターテイナーとしてファンを楽しませてくれています。そんな彼は同業者からも評価が高く、それはかつて...

(Detroit News)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンがギュンター(ウォルター)に減量命令
ヨーロッパのインディシーンを中心に大活躍したウォルター。 現在、彼はWWEのメインロースターとして「ギュンター」のリングネームで活動しています。このリングネームについても一騒動ありましたが、何よりもメインロースターとして活躍の...
【WWE】エンジェル・ガルザ「何をやっても文句を言われる。我々は『批判の時代』を生きているんだ」
現代社会において、「批判」や「批評」というアクションは忌み嫌われるようになりました。否定的な文脈で用いられる「批判」はともかく、良い点と悪い点を客観的に指摘する「批評」は本来ネガティブ一辺倒な言葉ではないのですが、ネット時代においては、もは...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました