スポンサーリンク

【AEW】サモア・ジョー襲撃犯のサトナム・シンが、WWEではなくAEWと契約した理由を語る。「AEWでインド人の歴史を作る」

インタビュー

ジェイ・リーサル & サンジェイ・ダットと組み、サモア・ジョー & ジョナサン・グレシャムとの抗争に入ったルーキーレスラー、サトナム・シン。

インド人として初めてNBAのドラフトに指名されたという経歴を持つ身長221センチの大巨人は、そのデビューの仕方に賛否両論が巻き起こるという災難もありましたが、とにかく注目を集めていることは間違いありません。

【AEW】サモア・ジョーを襲撃した元NBA選手サトナム・シンのデビューに賛否両論。トニー・カーン社長「もっと良いやり方が…」
先日放送されたDynamiteでの、鈴木みのるとサモア・ジョーによるROH世界TV王座のタイトルマッチは名勝負になりました。 体格差もあり、みのるが技を繰り出すのに苦労するシーンもありましたが、ジョーの身体が真っ赤になるほどの...

NBAの選手から引退した後、2021年9月にAEWと契約したシン。実は、彼は2017年にWWEのトライアウトを受けていました。しかし、この時はWWEとの契約に結局「ノー」の決断を下し、再びNBAの世界に戻っていました。

WWEにとっても、彼の経歴やインド人という特徴はぜひともほしいところ。今回、シンはなぜWWEではなくAEWを選んだのでしょうか?ルビー・アローラによるインタビューの中で、彼は次のように語っています。

(WWEでのトライアウトについて)唯一の後悔は、俺が「レスラーになれる」ということを理解できていたら、ということなんだ。もしわかっていれば、俺はあの世界で良いレスラーになれていたと思う。4〜5年前のチャンスに、もし「イエス」と言っていたら。ビッグで、ヒュージで、ジャイアントなレスラーになっていたはずだ。

WWEのことは気に入っていたんだ。でも、AEWも好きだった。AEWはまだ設立から2〜3年しか経っていない新しいブランドで、非常に盛り上がっている。もし俺がAEWに行けば、再び「初めての」の称号を得られると思った。AEW初のインド出身レスラーになれるって。

俺はAEWでインドの歴史をつくるつもりだよ。WWEに行ったとしても、それはそれですごいことなんだけど、あそこにはもうインド人がいるでしょ。インド人がいない団体でキャリアをスタートして、そこで歴史を作っていけばいい。俺のためだけじゃなく、インド人レスラーのため、みんなのためにね。

自身の体格を活かし、活躍することで後輩の道を開く。彼自身は名声を得る。開拓者としての野心に溢れていますね。応援したくなりました。

【WWE】ジンダー・マハルが「史上最悪のWWE王座チャンピオン」というレッテルに反論。「懸命な努力の結果だ」
2017年5月から11月までWWE王座を戴冠していたジンダー・マハル。彼のタイトルランは「インド市場を開拓するためだけのものだった」と考えるファンも多く、日本のファンとしては歯がゆい思いをしたものです……。 ただし、本...

Cultaholic

あわせて読みたい

KUSHIDAがWWEとの契約を満了して退団したと報じられる
2019年に新日本プロレスを退団し、WWEへ移籍したKUSHIDA。 Fightfulによれば、彼はWWEを退団したそうです。これは解雇されたわけではなく、契約満了による退団とのこと。 両者の間で再契約に関する交渉が行わ...
【WWE】AJスタイルズ「HHHが俺をWWEに呼んだんだ」
WWEのトップパフォーマーの1人として活躍するAJスタイルズ。 2016年にWWEに入団した彼は、それ以前のキャリアがすでに伝説級でした。TNAや新日本プロレスでの活躍は誰がどう見ても超一流。それだけに、「ついにAJがWWEに...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました