スポンサーリンク

【WWE】HHHが「元WWEスーパースターがAEWへ移籍すること」についてコメント。「ほぼ全員と連絡を取り合っている」

ニュース

AEWが設立された2019年以降、WWEで活躍していた選手がAEWへ移籍するケースが珍しくなくなりました。

トニー・ストームがWWE退団の裏側を語る。「向いていないと悟る瞬間があった」
2021年12月にWWEを退団したトニー・ストーム。 自ら退団を申し出た彼女は燃え尽き症候群を患っていたとされ、彼女自身もこの時期に引退を考えていたことを明かしています。 WWEでの彼女に一体何があったの...

メインロースターとしての活動に不満を抱えていたレスラーもいれば、NXTでやりきってAEWへの移籍を決めたレスラーもいる。状況は様々ですが、彼らの多くに共通しているのは、HHH率いるNXTで活躍していた、という点です。自らがスターとして売り出した選手がAEWへ行ってしまう。このことについて、HHHはどう考えているのでしょうか?

The Athleticによるインタビューの中で、彼は次のように語っています。

俺は彼らのことが大好きだ。我々が必要なところに行くのを助けてくれた人たちだし、感謝しているよ。NXTを作ろうとしていた時期があり、実際に立ち上げることができて。テレビ番組として放送できるように、放送を維持できるようにと頑張っていたあの頃、彼らが役立ってくれたんだ。

彼らがRAWやSmackDownに合うかどうかを判断するのは必ずしも俺だけじゃなくて、ビンスの判断であり、ファンの判断でもある。彼らとビジネスを続けていけるのか?という判断だね。

彼らが素晴らしいギグをしているのであれば、俺は嬉しい。ほぼ全員と連絡を取り合っているよ。俺たちは、WWEへやってきた彼らには、テレビで成功するためのやり方だったり、どうすればプロフェッショナルになれるのか、ここで成功できるのかを教え、より高いレベルに成長させたと思ってる。

いつか、彼らがここに戻ってくるかもしれないし、もう二度と帰ってこないかもしれない。俺たちのブランドには合わないからって。でも、それでいいんだ。我々をある地点まで導いてくれたし、俺も向こうも、お互いに感謝しているし、それでいて別の道を歩んでいるんだから。列車を止めることはできない。

フットボールチームも同じで、いろんな人の出入りがあり、常に違うチームであり続ける。素晴らしいことだと思うよ。

Cultaholic

あわせて読みたい

【AEW】WWEがFTRの獲得に興味を示していると報じられる
タッグ戦線が充実しているAEWの中心チームとして活躍しているFTR。 ダックス・ハーウッドとキャッシュ・ウィーラーは、WWE時代に抱えていたような不満をまったく感じない環境でのびのびと活動し、ROH世界タッグ王座、AAA世界タ...
AEWからジャック・エヴァンスが退団へ。初期メンバーがまた一人団体を去る
Hybrid2のメンバーとしてアンヘリコとともにAEWのタッグ戦線で活躍していたジャック・エヴァンス。630°セントーンの実用化に成功するなど、ハイフライヤーとして業界に大きな影響を与えてきました。 今日、彼は今月末をもってA...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました