スポンサーリンク

【AEW】コルト・カバナはROHでの活躍が期待されていると報じられる。その影にCMパンク?

ニュース

ここ最近、コルト・カバナはAEWのテレビ番組で出番がありません。最後の試合は2021年11月のブライアン・ダニエルソン戦。AEW Darkやインディ団体での出番はあるものの、テレビ番組で出番がありませんは半年近く試合がない状態です。

テレビ番組での出番がなくなってしまう、ということは、団体内での立ち位置が怪しくなっていることを示唆している、と考えられるでしょう。実際、マルコ・スタントやジョーイ・ジャネラはテレビでの試合がまったくなくなり、団体上層部との会話もなくなり、契約満了での退団に至りました。しかし、カバナの場合は、そうではないかもしれません。

レスリング・オブザーバーによれば、カバナは今後ROHで役割を果たすことを期待されているようです。「役割」が何を果たしているかは不明ですが、ROHがフルタイムでの活動を再開すれば、そこにはあらゆる立場で活躍するカバナの姿があるかもしれません。2020年にAEWへ入団したカバナは、その後団体と新たな契約に合意しており、これは副社長のヤング・バックスのプッシュによって実現したものだったとされています。彼は今後もAEWの一員です。

2002年にROHへ初参戦。以来、離れている時期もありましたが、2019年まで参戦を続け、2022年4月の復活興行「Supercard of Honor」にも参加したカバナがROHで仕事をするのは自然な流れのようにも見えます。しかし、オブザーバーは、その影にCMパンクの存在があるかもしれないと指摘。かつて親友だった2人は金銭トラブルによって訴訟を起こすまでに関係がこじれており、パンクが2021年8月にAEWへ移籍したことにで2人の関係に再び注目が集まっていました。

カルトスターはリングの内外で各方面に様々な影響を与えているのかもしれません。

【AEW】トニー・カーン社長がROH買収の経緯と将来的なプランを語る。「番組の放送をすぐにでもやりたい」
2022年3月にROHを買収したAEWのトニー・カーン社長。ROHは21世紀のプロレス界を支えてきた歴史あるインディ団体で、ROHのリングから多くのスターが育っていきました。その代表格であるブライアン・ダニエルソンとCMパンクは、現在トニー...

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

デイビーボーイ・スミス・ジュニアがWWEへの復帰に前向き。「団体の利益になることができる」
2021年にWWEへ復帰したものの、目立った活動もないまま4ヶ月で解雇されてしまったデイビーボーイ・スミス・ジュニア。 彼の父デイビーボーイ・スミスはWWE殿堂入りを果たしているレスラーで、彼自身も2000年代にWWEで活動し...
【AEW】ケニー・オメガは「肉体が100%に戻ることはないという事実を受け入れている」と報じられる
長きにわたる激闘によって満身創痍となったケニー・オメガ。 体中を痛めながらAEW世界王座チャンピオンとして活躍した2021年、ハングマン・ペイジに敗れてタイトルを落としたことにより、彼は長期欠場に入りました。現在に至るまで復帰...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました