スポンサーリンク

WWEがインディレスラーたちのトライアウト参加数を増加すると報じられる

ニュース

2021年、WWEのスカウティングに大きな変化が起こりました。

インディシーンからのレスラー獲得を中止し、ルックスや体格に恵まれたプロレス未経験のアスリートたちとの契約を重視するようになったのです。トライアウトには様々なバックグラウンドを持つアスリートたちが参加し、契約を勝ち取りました。

その一方で、インディシーンを軽視。軽量級の選手も多かったHHH時代のNXTが終わり、メインロースターとして活躍できるスター候補生を育てるNXT2.0にリブランディングしたことはその象徴的な出来事だったと言えるでしょう。

【WWE】フィン・ベイラーがNXTブランド再構築を語る。「必要なことだった」
NXT2.0へブランドが再構築された後のNXTには業界内からも賛否両論あるようです。 黒と金のブランドだった頃とは雰囲気が変わりましたし、以前のスタイルに慣れ親しんでいる人からの批判が一定数あるのは仕方ありません。 ...
【WWE】スカーレットがNXT2.0を語る。「ちょっとセクシーであることが許されていて羨ましい」
2021年9月にブランドを再始動させたNXT。以前とは性質が少し変わり、メインロースターとして活躍できる人材を育成する場という色が強くなりました。 カリオン・クロスと共にNXTで活躍したスカーレットは、現在のN...
元WWEジョナ・ロック(ブロンソン・リード)がNXT2.0を語る。「HHHのビジョンが失われている」
2021年9月にブランドの再始動を図ったNXT。番組のタイトルに「2.0」が付き、方向性も少し変わりました。 以前のNXTも2.0も、WWEならではのコンテンツであることは間違いありません。インディシーンの桃源郷だった頃の幻想...
【WWE】ショーン・マイケルズがNXT2.0での仕事を語る。「今もHHHのチームがここで働いている」
2021年9月にブランドを再始動させたNXT。番組のデザインは変わりましたが、HHHが手塩にかけて育て上げた金と黒のブランドを支えたチームは今もNXTで働いています。 NXTでプロデューサーを務めるレジェンドレスラー、ショーン...

しかし、この傾向は緩んでいくことになりそうです。レスリング・オブザーバーによれば、SummerSlamの週末にナッシュビルで開催されるトライアウトにはインディシーンで活躍するレスラーたちが今まで以上に参加するとのこと。

もちろん、「ルックスの良いアスリートを重視」という方針の根本は変わりません。ただ、WWEで活躍することを目指すレスラーたちへ門戸が開かれたのはいいニュースですね。オブザーバーは、このことが示唆しているのは、WWEはアスリートとインディレスラーの比率の中間地点を模索しているということだ、と指摘しています。

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【海外の反応】AEW・Rampageで行われた竹下幸之介 VS エディ・キングストンに賞賛の嵐。「期待を超えた」
DDTからアメリカへ遠征中の竹下幸之介。 AEWを中心に様々な団体へ参戦している彼は、アメリカのファンにその実力をしっかりと見せつけています。ジェイ・リーサル、アダム・ブルックス、ハングマン・ペイジ、マイク・ベイリー、リー・モ...
【WWE】ビンス・マクマホンが「性的非行や不倫の疑惑を抑えるため」過去16年間で1200万ドル以上の口止め料支払いに同意していたと報じられる
2022年6月、元WWE女性従業員との不倫や口止め料300万ドルの支払いが報じられたビンス・マクマホン。最高責任者である彼のスキャンダルは団体を大きく揺るがしました。ウォール・ストリート・ジャーナルという超有名誌のスクープであることも影響し...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました