スポンサーリンク

WWEを買収する可能性のある企業として、Amazon、ディズニー、Netflix、FOXらの名前が挙がる

ニュース

先週金曜日にビンス・マクマホンが引退を発表した後、WWEの株価は上昇を続けています。

ビンス引退前にニック・カーン社長が「売却の誘いはあるが、それに乗ることはない」という趣旨の発言をしており、引退後の報道でも売却に関する話は一切ないとされているので、プロレス界の巨人ビンスが去ったことですぐにWWEが身売りする可能性はないようです。

ただし、将来的にはその可能性はゼロではないでしょう。WWEはアメリカの三大ネットワークの1つであるNBCとの関わりが深い団体ですが、他の巨大企業の傘下に入ることでそのメリットを享受するという選択肢は残り続けるはずです。

ウォール・ストリートで長年アナリストとして活動してきたLoop Capitalのアラン・グールドは、WWEの格付けを「buy(買い)」に引き上げ、団体の買い手候補としてAmazon、ディズニー、Netflix、ケーブルテレビ大手のコムキャストの名前を挙げています。

【WWE】Netflix制作のビンス・マクマホン ドキュメンタリーが制作中止になると報じられる。立て続けのスキャンダルが原因か
2022年6月に報じられたビンス・マクマホンの不倫&口止め料支払いスキャンダル。 昨日、ウォール・ストリート・ジャーナルがその続報をスクープしました。ビンスは過去16年間に1200万ドルもの口止め料支払いに合意し、4人の女性た...

また、レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、WWE内部に「FOXが買い手になる可能性がある」という認識があることを報じました。FOXはSmackDownを放送するテレビネットワークで、WWEとは良好な関係にあります。

Amazonやディズニー、NetflixがWWEを買収すれば、それぞれの動画配信コンテンツでRAWやSmackDownが配信されるかもしれませんし、コムキャストやFOXが買収すればテレビ番組制作がやりやすくなるかもしれません。独自性を失うという懸念もありますが、メリットもあります。

元NXTロースターのAEWレスラー「もしHHH率いるRAW & SmackDownにいれば、退団することはなかった」
2019年にAEWが設立されてから、WWEの選手がAEWへ移籍するケースは珍しくありません。 特に2020年と2021年のWWEは経費削減のために大規模なリストラを敢行し、多くの選手が契約を解除されてしまいました。現在のAEW...

WWE Headquarters has a fresh look with the arrival of the new WWE logo: August 18, 2014

(Wrestling Observer, Cultaholic)

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンの側近ケビン・ダンと新CEOステファニー・マクマホンの仲は良くないと報じられる
会長 & CEOだったビンス・マクマホンが引退したことで、団体内の権力構造が変わる気配があるようです。 新たにCEOに就任するのはビンスの娘ステファニー・マクマホンとニック・カーン社長。ビンスの側近だったジョニー・エー...
AEW / ROHとの契約解除を要求のジョナサン・グレシャム。現在はどの計画にも組み込まれていないと報じられる
ROHのPPV「Death Before Dishonor」でクラウディオ・カスタニョーリ(セザーロ)を相手にROH世界王座の防衛戦を行い、試合に敗れたジョナサン・グレシャム。 彼は試合後にAEW / ROHとの契約解除を要求...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました