スポンサーリンク

【WWE】ビンス・マクマホンの引退発表後、団体の売却に関する話はされていないと報じられる

ニュース

ビンス・マクマホンの引退はWWEの根幹を大きく揺るがす大事件です。

なぜなら、ビンスはWWEを世界規模の団体にまで成長させた立役者で、WWEは彼のビジョンを世間に披露するメディアでもあったから。彼が団体のすべての役割から引退し、共同CEOに就任したステファニー・マクマホンとニック・カーン社長、そしてタレント・リレーション部門 & クリエイティブの責任者に任命されたHHHが今後はWWEを引っ張っていくことで、WWEに大きな変化が見られる可能性も十分にあります。

【WWE】クリエイティブの責任者になったHHH。今後は透明性のある現場にしていくと宣言
WWEのブッキングはファンから批判の対象になることがあります。 リマッチが多いことや、謎の展開もしばしば。WWEスーパースターとして活躍していくのも大変です。 ビンス・マクマホンがWWEから引退したことにより、HHHがク...

ビンスという団体の大黒柱がいなくなったことで、一部では「いよいよWWE売却か?」という意見も出ていました。ニック・カーン社長は以前、団体売却に関する誘いが実際にあることを公言しており、その時点では将来的な売却を否定していました。しかし、ビンス引退によって、その考えが揺らぐかも……と考えてしまうのは不自然なことではありません。

【WWE】ニック・カーン社長が「団体売却の誘いがあること」を認める。ビンス & ニックの考えは
2021年に大規模な経費削減を敢行したWWE。多くの選手やスタッフが解雇されたほか、WWE JAPANも解散しました。 こうした動きを受け、一部では「身売りするのでは」という噂も。 WWE社長のニック・カ...

とはいえ、CNBCによれば、現時点では誰とも団体売却に関する話し合いは行われていないそうです。素晴らしすぎるオファーが届けば事が進む可能性もあると推測されているものの、可能性は低いのでしょう。

CNBC

あわせて読みたい

【WWE】近年のビンス・マクマホンによるクリエイティブは、無神経な言葉や間違った情報で混乱した会議によって生み出されていた
アメリカの多くの視聴者にとって、プロレスといえはWWEでした。 テレビで放送される大規模なプロレス番組はRAWとSmackDownだけ。団体を率いるビンス・マクマホンのクリエイティブこそプロレス。そこを楽しめるファンもいれば、...
【AEW】クリス・ジェリコがビンス・マクマホン引退がAEWに与える影響を語る。「心配していない」
先週金曜日にビンス・マクマホンがWWEから引退したことで、団体には大きな変化が訪れました。 ステファニー・マクマホンとニック・カーン社長が共同CEOに就任し、HHHがクリエイティブとタレント・リレーション部門の責任者に就任。こ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました