スポンサーリンク

WWEがブラウン・ストローマンの復帰について議論していると報じられる。2021年6月に解雇

ニュース

WWEを象徴するスター選手の1人として活躍していたブラウン・ストローマン。

2021年のレッスルマニアにも出場した彼は、同年6月に経費削減を目的に解雇されてしまいました。退団後はAEWやインパクト・レスリングとの契約の可能性も取り沙汰されましたが、EC3と組んで行動することが多く、大手団体との契約は実現していません。

先日、ビンス・マクマホンが引退し、HHHがクリエイティブを引き継ぎました。これにより、WWEはビンス時代に解雇された選手を連れ戻すことに積極的になり、カリオン・クロスやジョニー・ガルガノが復帰しています。

元WWEベルベティーン・ドリームが復帰に向けてアピール。「夢に向けてやる」
2020年にアメリカとイギリスのプロレス界を激変させた一大ムーブメント「#SpeakingOut」。 男性レスラーたちによる過去の問題行為(その多くが性的なもの)がTwitterで次々に暴露され、大手団体との契約を失い、評判が...

Fightfulによれば、現在、ストローマンを復帰させることについてWWE内部で議論が交わされているとのこと。かつてWWEで活動していた時よりも現在の方がルックスがよく見えると考えられているそうです。

メインロースターとしての実績は十分ですから、復帰してもすぐに活躍できるでしょう。ストローマンの復帰が実現したら、あとはブレイ・ワイアットも、といった感じで進んでくれれば…。

Braun Strowman battles big men: WWE Top 10, Feb. 7, 2021

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】マット・ハーディー「The Elite(ケニー・オメガ&ヤング・バックス)を嫌ってる人は大バカ者だ」
AEWは革命家たちによって設立された団体です。 設立の中心になったのは新日本プロレスとROHで活動していたBullet Clubのメンバーたち、コーディ・ローデスとヤング・バックス、そしてケニー・オメガです。彼らは団体の副社長...
【WWE】ジェフ・ジャレットの退団とロード・ドッグの復帰、そしてHHHとブルース・プリチャードの関係について興味深い話が報じられる
先日、2022年1月にライブイベント部門の責任者としてWWEに復帰したジェフ・ジャレットが退団し、2022年1月にWWEから解雇された元NXTプロデューサーのロード・ドッグがジャレットの後釜として復帰しました。 ビンス・マクマ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました