スポンサーリンク

【AEW】バックステージで喧嘩したエディ・キングストンとサミー・ゲバラが和解

ニュース

バックステージで口論したエディ・キングストンとサミー・ゲバラ。

喧嘩のきっかけになったのは、Rampageでのゲバラの発言でした。プロモセグメントでキングストンに対して言ったこと(体型への揶揄)について、キングストンが異議を唱えたのです。口論の結果、キングストンは短期間の出場停止処分に処されました。

2人はPPV「ALL OUT」で対決することが計画されていたものの、この一件の影響もあってか、キングストンはプレショーで新日本プロレスの石井智宏とシングルマッチを戦うことになりました。

【新日本プロレス】石井智宏 VS エディ・キングストン!AEWのPPV「ALL OUT」プレショーで実現
どう考えたって手の合う2人の試合が実現します。 今日、AEWのトニー・カーン社長は現地9月4日開催のPPV「ALL OUT」のプレショーでエディ・キングストンと石井智宏のシングルマッチを行うことを発表しました。 ...

とはいえ、状況は改善しているようです。PWInsiderによれば、2人は握手をしてお互いに謝罪し、揉め事は過去のものであることに合意したとのこと。

番組の外側の揉め事はクリエイティブの方向性にも影響するものですから、いいことですね。これを良い形でストーリーに昇華するという選択肢もありますが、どうなるでしょうか?

Kingston Defines Ruthless as he Throws Guevara Off the Cage | AEW Dynamite: Blood & Guts, 6/29/22

(PWInsider, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

最近のWWEの変化について、RAWを放送するテレビ局はどう考えているのか?
2022年7月、ビンス・マクマホンが引退してWWEでのすべての役割から退き、HHHがクリエイティブを引き継ぐことになりました。 ビンスの引退を機にWWEの労働環境は大幅に変化し、現場にはポジティブな雰囲気が満ちているとされてい...
2019年、ダービー・アリンはAEW参戦のためにインディ団体との契約12,000ドルを買い取った
2019年に開催されたAEW「Fyter Fest」でコーディ・ローデスとシングルマッチを行ったダービー・アリン。 それまでインディシーンで活躍していた彼はコーディとの試合で脚光を浴び、AEWの初期メンバーとして活躍していくこ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました