スポンサーリンク

【AEW】大喧嘩したCMパンク & ヤング・バックスの揉め事は2019年に端を発する?

ニュース

CMパンクがマット・ジャクソンにパンチし、パンクの友人エース・スティールがニック・ジャクソンに椅子を投げつけてニックが目を負傷。AEWのバックステージはとんでもない事態に陥っています。

先日開催されたPPV「ALL OUT」終了後、パンクが記者会見で副社長たち(ヤング・バックス & ケニー・オメガ)を徹底的に批判したことで副社長側が激怒し、バックステージの一室で両サイドによる大喧嘩が起きてしまいました。警察沙汰となったガチ喧嘩。仕組まれたワークではないとされています。

DAZNの取材によれば、パンク & バックスの間に負の感情が生まれたのは2019年の「ALL OUT」開催前からなのだそうです。

AEWは引退状態にあったパンクをなんとか復帰させようとしていた時期ですが、パンクは復帰を決断しませんでした。当時の交渉において、バックス側は「我々が軽視されている」と感じ、動揺したとのこと。それ以来パンクへの印象は悪く、次第にその感情が大きくなっていった結果が大喧嘩なのだ、という…。

結局、パンクがAEWと契約したのは2021年8月でした。もしかしたら、団体が立ち上げ直後で先行きが不透明な状態だった頃は首を縦に振らなかったのに、団体が軌道に乗った2021年になって契約するのは都合がいいのではないか、という印象を持っていたのかもしれません。ファンはパンクのAEW入団を早い段階から望んでいましたからね。

THE YOUNG BUCKS VS QT MARSHALL & PETER AVALON – AEW DARK | 2/12/20 AUSTIN, TX

(Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】MJF、Dynamiteへ還る
2022年6月に放送されたDynamiteで放送事故を起こし、テレビ局の親会社ワーナー・ブラザース・ディスカバリーを怒らせて姿を消したMJF。 団体への不満が積もりに積もって爆発し、プロレスの歴史に残る凄まじいマイクを披露した...
【AEW】マラカイ・ブラックが退団を示唆?引退の可能性も。プライベートに問題か
WWE・NXTで結果を残し、メインロースターとしては夢破れた選手たち。彼らのうち、アンドラーデやマラカイ・ブラックといった試合巧者のレスラーたちは新天地AEWでの活躍を誓い、契約に合意しました。 2021年夏に入団したブラック...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました