スポンサーリンク

【AEW】クリス・ジェリコ「Painmakerは『連続殺人犯がプロレスラーになったらどうなるか』という発想を形にしたものだ」

ニュース

2018年から新日本プロレスに参戦していたクリス・ジェリコは、バイオレンスなスタイルの試合を続けていました。

2019年に”レインメーカー”オカダ・カズチカとの間に抗争が起きた時、彼はレインメーカーに対抗してバイオレンスギミックの「Painmaker」を生み出し、それ以降、新日本でのジェリコはPainmakerがキャッチフレーズになりました。新日本への参戦が滞っている現在も、Painmakerは彼の手札の1つとして機能しており、時おり試合に出場しています。

Chris Jericho AEW Fight for the Fallen Dynamite Entrance Charlotte, NC 7/28/21

クラウンの姿をした大量殺人鬼「アート・ザ・クラウン」が大暴れするスラッシャー映画「The Terrifier」の最新作「2」に出演することが決まっているジェリコは、MovieWebによるインタビューの中で、「アート・ザ・クラウンを相手に力を発揮できるかどうか」と質問され、その回答の中で「Painmaker誕生の裏側」を語りました。

ジェリコにはどうにもならないかもしれないけど、Painmakerならできるかもしれないね。Painmakerは「連続殺人犯がプロレスラーになったらどうなるか」という発想をもとに作ったものだから。Painmakerとアート・ザ・クラウンのクロスオーバーはグラフィックノベルみたいな感じになるだろうな。

安直な発想ですが、Painmakerはアメリカ犯罪史に名を残す極悪人ジョン・ゲイシーがピエロの格好をしている姿に似ている……と言えなくもありません。Netflixでドラマが公開されて話題になっている大量殺人犯ジェフリー・ダーマーのような「日常生活に溶け込んだ凶悪犯」というよりは、ゲイシーのようなパフォーマーとしての一面を持つ殺人犯のイメージだったのでしょうか。

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーが5年の契約延長に合意。「団体とファンのスピリットが大好き」
2019年に旗揚げしたAEWは、設立に深く関与したThe Eliteのメンバーたち(コーディ・ローデス、ヤング・バックス、ケニー・オメガ)がいきなり団体の中心として大活躍するのではなく、元WWEのビッグスターだったクリス・ジェリコを中心とし...
【AEW】中止になったアンドラーデ追放マッチ。そもそもなぜブッキングされたのか?
Rampageの最新回で行われるはずだったアンドラーデ追放マッチ。 Dark Order"10"との試合に彼が敗れれば団体から追放される。この試合に向けてTwitterでレスラーたちが様々な意見を発信し、トニー・カーン社長自身...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました