スポンサーリンク

【WWE】復帰した「HHHの側近」ゲイブ・サポルスキーはタレント・マネジメントに従事していると報じられる

ニュース

2022年1月、WWEはNXTでHHHの側近として働いていたスタッフたち、つまりウィリアム・リーガル卿やロード・ドッグ、ライアン・カッツ、そしてゲイブ・サポルスキーを解雇しました。

この人事は団体内におけるHHHの権力が削がれてしまったことを意味し、心臓病で療養を強いられ、現場復帰できるのかどうかも定かではなかった彼の立場が危うくなったことを象徴していました。

しかし、最高責任者ビンス・マクマホンがスキャンダルで引退に追い込まれると、HHHはクリエイティブの責任者として現場に復帰。その後、彼はかつての側近たちを次々と呼び戻しました。

サポルスキーはROHやEVOLVEといったインディ団体の立ち上げに関与した人物で、NXTではHHHから重宝がられていたスタッフでした。先日、WWE復帰後の彼が重要な役割を担うであろうことは容易に想像できたことです。

レスリング・オブザーバーによれば、彼はRAWやSmackDownに出演する選手たちのマネジメントを任されているとのこと。やはり番組制作や団体運営に欠かせないピースとしての仕事を与えられたようです。

ロード・ドッグはライブイベント部門の責任者、カッツはNXTのクリエイティブ・マネージャー。リーガル卿はAEWに移籍したので復帰はできませんが、かつてのHHH組はWWEの裏側で毎日忙しく働いています。

WWE NXT Official Theme Song – "All out Life"

(Wrestling Inc, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】ジョン・モクスリーが「CMパンク騒動で長期休暇が中止になったこと」にコメント。「休暇なんて無かったことにしようと考えた」
PPV「ALL OUT」でジョン・モクスリーを破ってAEW世界王座を取り返したCMパンク。 団体は再び彼をトップスターに据える決断を下しましたが,ALL OUT終了後に彼と副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)が大喧嘩...
【AEW】脳震盪で欠場中のアダム・コールに「現役復帰不可」の可能性があると報じられる
AEWと新日本プロレスの合同興行「Forbidden Door」でのフォーウェイ・マッチ中に脳震盪を起こし、長期欠場中のアダム・コール。 2021年にWWEからAEWへ移籍してきた彼のことを団体は非常に重宝してきました。スター...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました