スポンサーリンク

UFCオーナーがWWEの買収に興味を示す

ニュース

格闘技は世界中に娯楽と夢を提供しています。

総合格闘技団体の最大手であるUFCで活躍することを夢見ている選手は数知れず。そして、UFCでのキャリアは、総合格闘家を引退した後も活きることがあります。プロレス業界最大手のWWEにはUFC出身の選手が複数人おり、UFCのスター選手だったロンダ・ラヴジーはWWEでもトップスターとして輝きを放ち続けています。

UFCは持株会社エンデバーがオーナーを務めています。2016年にエンデバー社がUFCを買収した時の買収額はスポーツ史上最高額の40億2500万ドル。さまざまな企業の株を保持する同社には、UFC以外にも大規模なエンタメ企業を買収する余裕がありそうです。

同社の社長を務めるマーク・シャピロは、Podcast番組「The Town」にゲスト出演した際、たびたび団体売却が話題になるWWEについて次のように語りました。

【WWE】ニック・カーン社長が「団体売却の誘いがあること」を認める。ビンス & ニックの考えは
2021年に大規模な経費削減を敢行したWWE。多くの選手やスタッフが解雇されたほか、WWE JAPANも解散しました。 こうした動きを受け、一部では「身売りするのでは」という噂も。 WWE社長のニック・カ...

(WWEを買収する、というアイデアは)興味深いし、探究する価値のあることだ。我々がWWEを買うかどうか?そんなこと、誰にも分からないだろ?俺が前にWWEのステータスを確認した時は売りに出されていなかったしな。

どの程度本気で言っているかはさておき、もしUFCとWWEが同じ会社の傘下に入るようなことがあれば…興味深いですね。

Free Fight: Ronda Rousey vs Miesha Tate 2 | UFC 168, 2013

Cultaholic

あわせて読みたい

【WWE】2023年の元旦PPV「Day 1」の開催が中止になったと報じられる
WWEが2022年1月1日に開催したPPV「Day 1」。 ファンから好評を博したショーは毎年開催されるPPVになることが予定されており、2023にも開催予定でした。 しかし、Wrestlenomicsによれば、WWEは...
【WWE】ビンス・マクマホンは「俺がゴリラポジションで死んでもショーを続けてくれ」とジョークを飛ばしていた
2022年7月に引退し、WWEでの仕事を終えたビンス・マクマホン。 大株主として団体との付き合いは続けていきますが、現場は彼なしで回るようになり、彼が現場に復帰することはないでしょう。 誰もが認めるワーカホリックだった、...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました