スポンサーリンク

【AEW】グレート・ムタVS中邑真輔の実現にあたり、ノアからトニー・カーン社長へ連絡があったことが明らかに

ニュース

グレート・ムタの引退ロードの一環として行われる中邑真輔とのシングルマッチ。

WWEスーパースターとレジェンドの試合は紛れもないドリームマッチで、世界中のプロレスファンが注目することになりました。WWE型団体に選手を貸し出すのは極めて稀なことですが、ビンス・マクマホンやHHHが繰り返し述べてきたように、「正しいタイミング、正しいビジネス」であれば実現の可能性もある、ということが改めて証明されたことになります。

試合の実現にあたって、かつてWCWでマネージャーを務めていたサニー・オノオが暗躍していたのは当サイトでも紹介した通り。彼はノアとビジネス上の関係がある団体の間に立ち、試合実現に支障がないことを確認するという役割で貢献しました。

中邑真輔 VS グレート・ムタ実現の舞台裏でサニー・オノオが暗躍
グレート・ムタと中邑真輔のシングルマッチが実現することは、他団体とのビジネスを避けていたWWEの変化を象徴している、とされています。 現場のトップがビンス・マクマホンからHHHへ移り変わり、ビジネスへの考え方が変わった...

その団体の1つであるAEWのトニー・カーン社長は、ムタVS中邑の実現について、Sports Illstratedの取材の中で次のように語っています。

中邑真輔が彼らと仕事をすることには何の問題もないよ。我々としてもクールなことだと思う。これはムタについての話だしね。世界中のレスラーがやってきて、ムタに敬意を表することができるなんて、素晴らしいことだ。

What Happened When The Great Muta & Sting came Face to Face | AEW Rampage: Grand Slam, 9/23/22

SI

あわせて読みたい

【WWE】サーシャ・バンクスとナオミが番組のオープニング映像に復帰
2022年5月に番組収録をボイコットし、それ以来リングに上がっていないサーシャ・バンクスとナオミ。 (Fightful) あわせて読みたい
【AEW】ヤング・バックスが、出場停止処分を下されてから初めて公の場へ登場することが発表される
PPV「ALL OUT」終了後にCMパンクと大喧嘩して出場停止処分が下されたヤング・バックス。 どちらが先に喧嘩を仕掛けたのか、なぜ喧嘩が起きたのかはパンク側とバックス&ケニー側で見解が割れていますが、マット・ハーディーは「バ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました