スポンサーリンク

【AEW】ヤング・バックスが、出場停止処分を下されてから初めて公の場へ登場することが発表される

ニュース

PPV「ALL OUT」終了後にCMパンクと大喧嘩して出場停止処分が下されたヤング・バックス。

どちらが先に喧嘩を仕掛けたのか、なぜ喧嘩が起きたのかはパンク側とバックス&ケニー側で見解が割れていますが、マット・ハーディーは「バックスとケニーは被害者」だとコメントしています。

【AEW】マット・ハーディーがCMパンクらの大喧嘩の目撃者だったことを明かす。「ケニー・オメガとヤング・バックスは被害者だ」
9月のPPV「ALL OUT」終了後にCMパンクとAEW副社長たち(ヤング・バックス & ケニー・オメガ)が大喧嘩を起こしたことで、団体のクリエイティブに大きな影響が及びました。 当事者たちには出場停止処分が課され、第...
【AEW】マット・ハーディーの妻レビーがCMパンクへ「くたばれ」
先日、マット・ハーディーがCMパンクとAEW副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)の大喧嘩への意見を語り、話題になりました。 発言の中で、彼は「喧嘩が起きた現場にいて、すべてを見た」という趣旨の発言をしていましたが、彼...

その原因や経緯がどうあれ、パンクは退団する見込みで、バックスとケニーは復帰に向けた動きがあるとされています。

少しずつ復帰に向けた「ほのめかし」が始まっている3人ですが、今日、バックスが来月開催されるバーチャルサイン会へ参加することが発表されました。出場停止処分が課されてから初めて公の場への登場が発表されたことになります。

復帰に向けた大きな一歩ですね。

And New! The Young Bucks Prove They Are the Best in the World | AEW Dynamite: Road Rager, 6/15/22

SESCOOPS

あわせて読みたい

【AEW】オレンジ・キャシディがパンデミック下での無観客番組収録を振り返る。「クリス・ジェリコに八つ当たりしたよ」
2020年4月から、AEWは無観客での番組収録を強いられることになりました。 世界的なパンデミックが起きた新型コロナウイルスはエンターテイメントのあり方を強制的に変えました。プロレスはファンのリアクションも重要な要素の1つなの...
【AEW】サミー・ゲバラがブライアン・ダニエルソンへの特別な思いを語る。「いつか倒す、と自分に言い聞かせ続けてきた」
21世紀のプロレス界を代表するスターとして現在も活躍するブライアン・ダニエルソン。 プロレスラーとしての実力は折り紙つきで、小柄な体格ながらWWEでビッグスターになったスーパースターです。彼の存在はプロレス界に大きな影響を与え...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました