スポンサーリンク

【新日本プロレス】カール・アンダーソンがNEVER無差別級王座の今後を語る。「俺タイミングで戻る。新日本は寛大だったな」

ニュース

新日本プロレスのシングルタイトルであるNEVER無差別級王座を保持しながらWWEへ復帰したカール・アンダーソン。

彼は、もともと予定されていたタイトルマッチが行われる大会と同じ日に開催されるWWEのサウジアラビア大会の両方にブッキングされる、いわゆるダブルブッキングを起こしました。

アンダーソン側は「ルーク・ギャローズを通してブッキングしなかったのが悪い」と開き直り、彼はサウジ大会への出場を選択。通常、タイトルの防衛戦を行わない(行えない)チャンピオンに対し、新日本はタイトルを剥奪するという対応をとりますが、アンダーソンは例外として今もタイトルを保持しています。

報道によれば、新日本もアンダーソンも継続参戦を希望しており、WWEを含めた三者の関係は良好だとされています。Podcast番組「After The Bell」に登場したアンダーソンは、今後のNEVER無差別級王座の防衛について、そのプランを語りました。

俺は俺のタイミングで新日本に戻るつもりだよ。新日本はショーに出られないチャンピオンからタイトルを剥奪する団体だけど、俺には寛大な対応をしてくれた。俺たちが同意していないにも関わらず、俺の試合が行われることを発表してしまったからな。その日は迫っているよ。

誹謗中傷のツイートもあったな。俺はロッキー・ロメロにメッセージを送った。彼は新日本のオフィスにいて、俺たちとはとても仲良しのブラザーでね。「早く日程を発表したいよ。だって、俺のことを本当に嫌っている人たちがいるんだぞ」って言ったんだ。

Karl Anderson on New Japan controversy: WWE After the Bell, Nov. 11, 2022

Wrestling Inc

あわせて読みたい

【WWE】ブレイ・ワイアットがエリック・ローワン&ボー・ダラスの復帰を望んでいる?
2022年の下半期は何人もの元WWEスーパースターが団体に復帰しました。 ビンス・マクマホンが解雇した彼らを連れ戻しているのは、ビンスに代わって現場の責任者となったHHH。NXTの人気者や、ビンスがマネジメントできなかった人材...
【AEW】CMパンクがMMA大会の解説席に登場。ケニー&ヤング・バックスとの大喧嘩以来となる公の場
AEW副社長たち(ヤング・バックス&ケニー・オメガ)との大喧嘩の後、CMパンクはAEWから去ることが有力視されています。 マット・ハーディーは「バックスとケニーは被害者」と語り、クリス・ジェリコはパンクに「お前はロッカールーム...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました