スポンサーリンク

【AEW】ヤング・バックスが出場停止期間を振り返る。「人生の中で最も辛い2ヶ月間だった」

ニュース

PPV「Full Gear」で約2ヶ月ぶりに復帰したケニー・オメガとヤング・バックス。

彼らの欠場理由は怪我などではなく、CMパンクとの大喧嘩によるものでした。第三者によるケンカの調査が終了した後、3人は復帰し、パンクは退団が濃厚になっています。どちらに非があると判断されたのかは明白です。

出場停止処分が課されたことにより、AEW設立の大きな要因になったYouTube番組「Being The Elite」も更新が止まっていましたが、復帰にともないこちらも復活。最新動画の中で、バックスは欠場期間を振り返りました。

マット・ジャクソン:正式に復帰したぞ。まあ、実際には数週間前からバックステージにいたんだけどさ。テレビの画面に戻ってきて、プロレスをした。Being The Eliteも帰ってきたしな。すべてが現実に戻ってきたんだ。

ニック・ジャクソン:(Full Gearまでは)ちゃんと戻ってきたという感じはなかったな。現場には4週間前から戻ってきていたけど、正式な復帰という感じではなかった。何かが足りない気がしてさ。観客の前でパフォーマンスができなきゃね。試合をして、痒いところをようやく「かけた」って感じだよ。戻ってきたぞ。復帰について考えるのは不安だったけどな。高いレベルのパフォーマンスができるかどうか、わからなかったから。

マット:冷や汗をかきながら目が覚めたりして、よく眠れなかった。あの出来事について話すことができなかったから、誰も知らないことだよね。これは…俺の人生の中で最も辛い2ヶ月だったんだ。ニックもそうだと思う。

俺たちはここで乗り越えた。ただ、何が起こるかはやってみないとわからないだろ?俺たちが現れて、応援の声が、喜んでくれる人たちの声が聞こえて。それが俺たちとケニーにとってどれほど意味のあることか。良い気分だったよ。治療のプロセスの真っ只中って感じだね。Full Gearは大きな一歩だった。良い気分だ。

【AEW】出場停止処分を受けていたケニー・オメガとヤング・バックスは今後も副社長を続けるのか?
PPV「Full Gear」で復帰したケニー・オメガとヤング・バックス。 3人は、前回のPPV「ALL OUT」終了後のバックステージでCMパンクと大喧嘩し、出場停止処分が課されていました。パンクは退団濃厚、3人は復帰…この件...
【AEW】CMパンクがケニー・オメガらとの大喧嘩をジョークに。「俺をロッカールームに入れるな」
9月のPPV「ALL OUT」終了後にバックステージでヤング・バックス & ケニー・オメガと大喧嘩したCMパンク。 彼は出場停止処分を課されることになり、ショーで獲得したばかりのAEW世界王座も剥奪されました。その後の...

“Carry On” – Being The Elite Ep. 323

Fightful

あわせて読みたい

【AEW】竹下幸之介の入団はバックステージでどのように受け入れられたのか?
AEWとDDTの2団体所属レスラーとして活躍していくことになった竹下幸之介。 2022年の春から夏にかけて行われたアメリカ遠征は、彼にとって非常に実りのあるものでした。各団体で名勝負を連発し、AEWではジョン・モクスリーらトッ...
【新日本プロレス】ウィル・オスプレイ VS ケニー・オメガ実現の立役者はロッキー・ロメロ
2023年1月4日、新日本プロレスの東京ドーム興行「レッスルキングダム17」でウィル・オスプレイとケニー・オメガのドリームマッチが実現します。 2人の間には長年に渡るストーリーがありますが、それを抜きにしてもプロレス界最大のマ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました