スポンサーリンク

【AEW】ブッキングに不満のミロ。PPVでの試合に向けたプランを断っていたことが明らかに。元WWEの難しさも

ニュース

コンディションは健康そのものにも関わらずブッキングに恵まれないミロ。

2022年の試合数はごくわずかで、TNT王座のチャンピオンだった頃の活躍ぶりが嘘のような冷遇ぶりです。怪我もありましたが、現在は活動の支障になるようなものはない…はず。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、ミロがPPVに向けたプランを提案されたもののそれを断っていたこと、そして元WWEスーパースターの難しさを語りました。

トニー・カーン(社長)がミロのところに来て、11月のPPV「Full Gear」に向けたアイデアを伝えたんだが、ミロはそれをやりたがらなかったんだ。奇妙な話だけど、元WWEのレスラーは非常に警戒心が強いんだ。ブライアン・ダニエルソンは例外だけど、「ジョブ」をやるのはとても難しくて、負けそうなプランを断るとブッキングも困難になる。

AEWにプランがまったくないわけではなく、ミロのキャリアが参加を許さないプログラムへ加わる可能性はあったようです。たとえ「ジョブ」だとしても、試合やプロモで実力を見せつければその先につながるわけですが、そのチャンスを手放すとしんどいですね。

ちなみに、ミロの妻であるラナが「夫はいつかWWEに戻る」と発言していることから、AEWは彼のWWE復帰を懸念しているのではないか、とも推測しています。

元WWEラナ「夫のミロ(ルセフ)はいつかWWEへ復帰する。ルセフ・デイは死なない」
AEWでブッキングに恵まれない日々を送っているミロ。 「ルセフ」のリングネームでWWEスーパースターとして活躍していた時期も不遇ぶりが話題になることがあったものの、テレビ番組には出演していました。AEWではそもそも試合が組まれ...

God's Favorite No More? What did the TNT Champ do to Upset the Spanish God? | AEW Rampage, 9/17/21

(Wrestling Observer, WrestlePurists)

あわせて読みたい

【AEW】トニー・カーン社長が「レスラーがネットで副収入を得ること」への意見を語る。「ビッグ・ブラザーになるつもりはない」
大手団体で活躍するレスラーは十分な給料を受け取ることができますが、中にはネット上で副業にも取り組んでいる人もいます。 副業についての考え方は団体によって異なり、WWEは選手がTwitchやCameoで収入を得ることについて否定...
AEWがついにハウスショーをスタート?キーマンはジェフ・ジャレットか
旗揚げ当初のAEWは、所属レスラーたちの年間試合数を少なくすることを標榜していました。 これは、開催するハウスショーの数を減らすなどの施策によってレスラーのコンディションを良い状態に保つ、という狙いがあっての考えでした。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました