スポンサーリンク

【WWE】復帰のビンス・マクマホンが団体内の各部署に「君たちは間違っている」と伝えだした?クリエイティブへの復帰は実現していないが…

ニュース

WWEの最高責任者としてすべてを司っていたビンス・マクマホン。

2022年7月に性的非行&不正会計スキャンダルで一時的に引退したものの、最近になって復帰し、団体売却の可能性を検討しています。

復帰後の彼のポジションは「取締役会長」であり、以前とは役職が異なります。HHHが開催した選手ミーティングでは、彼の復帰がクリエイティブに影響を与えることはないと説明されましたが、ビンスが以前のような立場で仕事をするのようにならない、という確証はありません。

【WWE】HHHが選手ミーティングを開催し、ビンス・マクマホン復帰による影響を伝えたと報じられる
ビンス・マクマホンが復帰した後、WWEについてさまざまな憶測が飛び交うようになりました。 彼は団体売却の可能性を検討するために復帰し、彼が不在の間共同CEOを務めたステファニー・マクマホンはすべての役職から辞任。さまざまな組織...

HHHが現場の責任者になった後、現場の士気は上がっていたとされています。ビンスが再びクリエイティブに関与するようになることを懸念しているスタッフもいるようです。

そうした人たちにとっては良くない噂が団体内に流れています。Fightfulによれば、「ビンスが各部署に連絡し、『君たちは間違っている』と伝えだした」という噂が広まっているのだとか。

この噂の信憑制は定かではなく、あくまで「ビンスならやりそう」という憶測が噂を作り出した可能性もあります。

しかし、働くスタッフたちにとってはかなり気になるトピックスなのだということがわかる話ですね。

Mr. McMahon to handpick Seth “Freakin” Rollins’ opponent at WrestleMania

(Fightful, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

【WWE】シェイナ・ベイズラーがWWEとSTARDOMのコラボの可能性にコメント。「ジュリアや朱里とやりたい」
近年のプロレス界では、これまでに交流のなかった団体同士のコラボレーションを目にする機会が多くなりました。 WWEは新日本プロレスへカール・アンダーソンを、ノアに中邑真輔を派遣。ビンス・マクマホンの復帰により、こうした流れに歯止...
【WWE】HHH&ステファニー・マクマホンは団体売却に反対していたと報じられる
ビンス・マクマホンの復帰により、WWEは団体売却の可能性を検討するようになりました。 コムキャストやディズニー、エンデバーといった大企業から、サウジアラビア政府系ファンドPIF、そしてAEW&カーン一族まで、さまざまな売却候補...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました