スポンサーリンク

【WWE】HHHが選手ミーティングを開催し、ビンス・マクマホン復帰による影響を伝えたと報じられる

ニュース

ビンス・マクマホンが復帰した後、WWEについてさまざまな憶測が飛び交うようになりました。

彼は団体売却の可能性を検討するために復帰し、彼が不在の間共同CEOを務めたステファニー・マクマホンはすべての役職から辞任。さまざまな組織が売却候補として浮上しています。

【WWE】ビンス・マクマホンとニック・カーンがステファニー・マクマホンのCEO辞任に声明を発表
今日、2022年7月からWWEの共同CEOを務めていたステファニー・マクマホンがWWEのすべての役職から辞任することを発表しました。 先日、父のビンス・マクマホンが団体に取締役として復帰したことが影響した人事と考えられ...
【WWE】HHH&ステファニー・マクマホンは団体売却に反対していたと報じられる
ビンス・マクマホンの復帰により、WWEは団体売却の可能性を検討するようになりました。 コムキャストやディズニー、エンデバーといった大企業から、サウジアラビア政府系ファンドPIF、そしてAEW&カーン一族まで、さまざまな売却候補...
AEW&カーン一族がWWEの売却先候補の1つになっていると報じられる
AEWの社長トニー・カーンとオーナーのシャヒド・カーン親子は大富豪です。 カーン一族はNFLジャクソンビル・ジャガーズやサッカープレミアリーグのフラムFCも所有しており、トニーは各チームの上層部の一員としても仕事をしています。...
【WWE】サウジアラビア政府系ファンドによる買収が事実なら、退団を希望する選手が現れると報じられる
ビンス・マクマホンが復帰した後のWWEは先行き不透明です。 ビンスは団体売却の可能性を検討するために復帰し、彼が引退した後で団体を率いていた娘ステファニー・マクマホンはすべての役職から辞任しました。 そして、1月...

選手の間にも不安が広まる中、Fightfulによれば、現場の責任者であるHHHが選手ミーティングを開催し、ビンス復帰による影響を説明したとのこと。

その中で、彼は、ビンスは団体売却についての議論の先頭に立つためだけに復帰したということを説明し、団体売却が「決定事項である」という噂を否定したそうです。もし団体が売却されるのであれば、長いプレセスになることも説明されたとのこと。

また、ビンス復帰によるクリエイティブチームやクリエイティブプロセスの影響はないことも強調されたそうですが、同時に「なんであれ変更される可能性もある」ということも言及されました。

現状としては、HHHとビンスがクリエイティブについて話し合うことがあったとしても、最終決定権はHHHに委ねられるそうです。

ビンスが団体に戻ってきた以上、この説明が変更される可能性は常にあります。こうした状況でのHHHの舵取りに注目です。

"I Was Afraid Of Dying" Visibly Emotional Triple H Reflects On Health Scare & In-Ring Retirement

(Fightful, Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【WWE】シェイナ・ベイズラーがWWEとSTARDOMのコラボの可能性にコメント。「ジュリアや朱里とやりたい」
近年のプロレス界では、これまでに交流のなかった団体同士のコラボレーションを目にする機会が多くなりました。 WWEは新日本プロレスへカール・アンダーソンを、ノアに中邑真輔を派遣。ビンス・マクマホンの復帰により、こうした流れに歯止...
【AEW】MJFと竹下幸之介のプロモに「人種差別的だ」と批判の声が集まるも、両者はその内容に事前合意していたと報じられる
Dynamite最新回で行われた竹下幸之介とブライアン・ダニエルソンのシングルマッチは、ブライアンがMJFへ挑戦するための道のりの1つでした。 彼は、2月8日までに行われる全試合に勝利すれば、PPV「Revolution」でM...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました