スポンサーリンク

AEWはまだPACを諦めていない

「ネヴィル(WWE)」「PAC(WWE外)」のリングネームで知られるベンジャミン・サッタリーがWWEを退団した時、次の所属先としてよく名前が上がっていたのは新日本プロレスでした。実際、彼は新日本に適応できる能力を持っていたと思います。

しかし、実際には彼はPACとして古巣のドラゴンゲートに復帰しました。そこまでドラゴンゲート愛が強かったとは……と驚いたのを覚えています。

PACは新団体AEWのロースターに加わりました。アンチWWEの代表格的存在であるPACは、AEWにとってはどうしても欲しい人材だったのです。PACは両団体を掛け持ちすることになる予定でした。しかし、AEWとクリエイティブ面で衝突。その結果、出場が予定されていたAEWの興行から出場がキャンセルされたのです。モメた理由は、ドラゴンゲートの王者としてのプライドでした。オープン・ザ・ドリームゲート王者として、簡単に負けるわけにはいかなかったのです。

今もAEWの公式サイトにはPACの顔写真が残っています。副社長のヤング・バックスは、PACがAEWのリングに上がる可能性はまだ残っており、これを実現することがAEWの再優先事項になるだろうと最新のインタビューでコメントしています。果たして実現する日は来るのか?少なくとも、オープン・ザ・ドリームゲート王座を落とすまではあり得なさそうですが……。

(参考: WrestlingRumors)

あわせて読みたい

エンツォ・アモーレとジョーイ・ジャネラがblink-182のライブ会場でマジ喧嘩
またお前か!いい加減にしろ! 元WWEの問題児、エンツォ・アモーレ。2018年1月の解雇劇は記憶にあたらしいところです。数々の問題行為を起こしていたエンツォに性的暴行疑惑が生じ、この件についての彼自身の対応がずさんだったことで解雇され...
ジュース・ロビンソンがジュース・ロビンソンが「不満なレスラーたち」に「脱地獄」を呼びかけ。ROHとの関係にも言及
新日本プロレスのジュース・ロビンソン。日本時間7月7日朝7時に開催されるG1開幕戦inダラスの記者会見に出席したジュースは、様々な質問を受けました。その中で、「不満を持っているレスラーたち」について、そしてROHとの関係についてコメントを求...
ジョン・モクスリーとAEWの契約内容は「ちょっと特殊」と報じられる。WWE退団時の詳細も明らかに
2019年4月にWWEを退団し、AEWとフルタイム契約したジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)。彼は新日本プロレスにも参戦し、世界中のプロレスファンを喜ばせています。 モクスリーとAEWの契約内容について、Rajah....
タイトルとURLをコピーしました