スポンサーリンク

エンツォ・アモーレとジョーイ・ジャネラがblink-182のライブ会場でマジ喧嘩

またお前か!いい加減にしろ!

元WWEの問題児、エンツォ・アモーレ。2018年1月の解雇劇は記憶にあたらしいところです。数々の問題行為を起こしていたエンツォに性的暴行疑惑が生じ、この件についての彼自身の対応がずさんだったことで解雇されてしまいました。

その後はWWEのPPV会場に現れて暴れたり、会場の駐車場で自身の音楽活動のチラシをばら撒いたり……。2019年4月の新日本プロレスとROHの合同興行”G1 SUPERCARD”では(ROH側が書いたストーリーラインの一部として)客席からリングサイドに乱入し、ブリスコ・ブラザーズに殴りかかるという騒動も起こしていました。

その後ROHのリングに上がることもなく、名前をなかなか聞かなかったエンツォは、再び問題を起こしたことでメディアに再登場しました。ケンカです。相手はAEWのジョーイ・ジャネラ。

アメリカのロックバンド”blink-182″のライブ会場で、2人は偶然遭遇したようです。先に声をかけたのはジャネラ。「やあ、ジョーイ・ジャネラです」と挨拶したジャネラの手を、エンツォは引っ叩きました。これが火種となり……。こうなりました。

怖い。

実は、2人は4月にSNS上でモメていました。エンツォとキャスが”G1 SUPERCARD”に乱入した後、ジャネラはエンツォを挑発したのです。エンツォを「プロレス界を愚弄するやつ」とからかい、2018年かからレッスルマニア・ウィークエンド中にGCWが開催している特別興行”Bloodsport”の「2020年の興行で戦おう」と呼びかけました。ただし、この件がリアルファイトに繋がったのかどうかはわかりません。

ジャネラは、今回の喧嘩について「ワークじゃない」とコメントしています。

(参考: Wrestle Zone, SESCOOPS

あわせて読みたい

ジュース・ロビンソンがジュース・ロビンソンが「不満なレスラーたち」に「脱地獄」を呼びかけ。ROHとの関係にも言及
新日本プロレスのジュース・ロビンソン。日本時間7月7日朝7時に開催されるG1開幕戦inダラスの記者会見に出席したジュースは、様々な質問を受けました。その中で、「不満を持っているレスラーたち」について、そしてROHとの関係についてコメントを求...
新日本プロレスとAEWの関係には「亀裂が入っている」。新日本がAEWをタブー視するのは何故なのか?
AEWの中心人物であるケニー・オメガやヤング・バックス、Codyは新日本プロレスで活躍したスターレスラーでした。特にケニーは同団体の海外戦略の軸であり、彼の人気の高さが海外での新日本人気を引っ張っていたのです。AEW旗揚げが発表された時、世...
ジョン・モクスリーとAEWの契約内容は「ちょっと特殊」と報じられる。WWE退団時の詳細も明らかに
2019年4月にWWEを退団し、AEWとフルタイム契約したジョン・モクスリー(ディーン・アンブローズ)。彼は新日本プロレスにも参戦し、世界中のプロレスファンを喜ばせています。 モクスリーとAEWの契約内容について、Rajah....
タイトルとURLをコピーしました