スポンサーリンク

【AEW】MJFがイギリス大会All Inを語る。「今までで一番うるさくて、不愉快で、酔っ払っているファンの前に立つ」

インタビュー

AEWが8月に開催するイギリス大会All Inは、現時点で65,000枚程度のチケットが売れているとされています。

会場のウェンブリー・スタジアムは収容人数9万人の大会場で、AEWは約74,000席を用意するとされています。チケット完売まであと1万枚程度です。

AEW世界王座チャンピオンとして暴れ回っているMJFは、 AEW史上最も大規模な大会になるAll Inについて、大会の意義こそ理解しつつも乗り気ではないようです。

AEWが公開したプロモーションビデオの中で、彼は次のように語りました。

俺は興奮してない。みんなが興奮してくれるのは嬉しいよ。あそこに行くくらいなら、死んだほうがマシだね。でも、トニー(・カーン社長)は最低の男だから、きっと俺を興奮させてくれるんだろう。

俺たちが開催するすべてのショーは、最高のタレントプール、最高のエネルギーの観客、そして最大のスターであるマックスウェル・ジェイコブ・フリードマンがいるため、最高のショーになる。俺たちは歴史を作っているのだから、このショーに行く必要があるんだ。

この団体の歴史上、最も大きな観客の前に立つことになる。今までで一番うるさくて、不快で、酔っ払っている、そんなヨーロッパ人ばかりのファンの前に立つことになる。

あわせて読みたい

【AEW】ルビー・ソーホーがSTARDOM岩谷麻優&KAIRIとの対戦を希望。「麻優は本当にすごい」
AEWと新日本プロレスが6月に開催する合同興行Forbidden Door。 現時点でカードはまだ発表されていませんが、多くのドリームカードが実現することでしょう。おそらく、ファン...
【AEW】ジェイミー・ヘイターがAEWとSTARDOMの提携を希望。「STARDOMのみんなはプロとして最高」
AEWには、かつてSTARDOMで活躍していた女子レスラーが何名か在籍しています。 かつて大江戸隊のメンバーとして活動していたジェイミー・ヘイターは、2022年のAEW女子戦線で大...
タイトルとURLをコピーしました