スポンサーリンク

【AEW】MJFとアダム・コールのコラボシャツの売上が絶好調と報じられる。奇妙なタッグはリング外でも団体に貢献

ニュース

ストーリーラインの一環として友情を育んでいるMJFとアダム・コール。2人の関係がいつまで続くかは分かりませんが、少なくともファンの購買意欲を刺激することには成功しています。

元々はMJFの保持するAEW世界王座をめぐって抗争を繰り広げていた2人ですが、彼らの意思と反してタッグトーナメントの出場チームとして無理やりタッグを組むようになった後、2人は友情を育むストーリーを演じるようになりました。実力者どうしのタッグはトーナメントを順調に勝ち進み、サミー・ゲバラ & ダニエル・ガルシア組との決勝戦にも勝利。FTR(ダックス・ハーウッド & キャッシュ・ウィーラー)の持つAEW世界王座への挑戦権を獲得しました。

ひょんなことから始まった2人の友情はファンからの高い関心を集めており、それはグッズの売上にも反映されています。

レスリング・オブザーバーによれば、先日発売された2人のコラボTシャツ「Better Than You BAY BAY($29.99)」は売れ行きが絶好調とのこと。今年発売されたどのTシャツよりも売れているそうです。売上金額は、このシャツよりも値段の高い「MJFボタンダウンシャツ(期間限定販売。$49.99)」に次ぐ2番目に高い数字なのだとか。

Just a moment...

元々グッズ売上の高いMJFとコールのコラボということ、注目度の高いストーリーであることが好調な売れ行きを支えているのでしょう。いつか対決の日が来るまでに、2人の関係がどのように変化していくのか…。楽しみですね。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

ジム・ロスが「DDTが繋ぎ技になってしまっている現状」への危惧を語る。「この技で勝てない理由をレスラーたちに聞いたが、誰も答えられなかった」
ジェイク・ロバーツが生み出した偉大な技、DDT。今では多くのレスラーがこの技を使っていますが、フィニッシャーとして使われている例は少なくなってきました。そのことを、レジェンド実況ア...
【新日本プロレス】カイル・フレッチャーがAEW移籍の背景を語る。「安定した契約を求めていたが、新日本からは『今はダメ』と…」
人気タッグチーム、オージー・オープンのマーク・デイビスとカイル・フレッチャー。フリーランスとして新日本プロレスに参戦していた2人は、2023年5月にAEW移籍を決断します。 以前、...
タイトルとURLをコピーしました