スポンサーリンク

【WWE】人生を変える脊椎の大手術を受けたビンス・マクマホン。その原因は「筋トレのやり過ぎ」?

ニュース

先日、ビンス・マクマホンが5時間にも及ぶ脊椎の大手術を受けました。報道によれば、これは「彼の人生を変える手術」になったとされており、術後は休養に入っています。

77歳のビンスはワーカホリックとして知られ、オフィスで朝まで働くことも珍しくありませんでした。彼の元気を支えていたのは日々のトレーニングで、番組内で素晴らしい肉体を披露することもありました。

(引用:The Sun

しかし、トレーニングに励むあまり、身体を痛めてしまったことが今回の脊椎の大手術に繋がってしまったのだそうです。

レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、今回の手術箇所は背中だったとのこと。彼が長年に渡って行ってきたウェイトトレーニングやスクワットにより腰や背中に負担がかかっていたことが手術の遠因になったそうです。ビンスは推奨されているよりも長い時間スクワットをする癖があり、特にこれが痛手になってしまったのだとか。

ビンスは股関節にも問題を抱えているとされていますが、「ヘビーなスクワットができなくなってしまう」ことを嫌って人工股関節置換術は受けていません。数年前にミック・フォーリーが人工股関節置換術を受けた時、ビンスは彼に「スクワットに影響が出てしまうから、手術はしないほうがいい」とアドバイスされたことを明かしています。

今後、ビンスはこれまでのような筋トレはできなくなるでしょう。体力の衰えにつながってしまうことが不安です…。

(Wrestling Observer, Wrestling Inc)

あわせて読みたい

チーム3D(ブリー・レイ & ディーボン)が7年ぶりに再結成。インパクト・レスリング参戦へ
タッグチームの歴史を語る上で、ダッドリー・ボーイズ=チーム3Dの存在は欠かせません。ECWやWWE、TNAで大活躍したブリー・レイ(ババ・レイ・ダッドリー)とディーボン(ディーボン...
【AEW】ヤング・バックスが引退後のインディ団体運営に興味。「PWGを買おうとしたことがあるんだよ」
AEWの副社長を務めるヤング・バックスのニック&マット・ジャクソン。最近、彼らはAEWとの再契約に合意しましたが、その決断を下す前にマットは「引退」も検討していたことを明かしていま...
タイトルとURLをコピーしました