スポンサーリンク

【AEW】サモア・ジョーがAll InでのCMパンク騒動を振り返る。「みんなを団結し、ショーを軌道に乗せる事に集中した」

インタビュー

現地8月27日に開催されたイギリス大会All In。チケットは8万枚以上売れ、会場のウェンブリー・スタジアムには7万人を超えるファンが詰めかけました。

第1試合として行われたのはCMパンクとサモア・ジョーのシングルマッチ。ROH時代から続くライバル関係の再開は多くのファンを喜ばせました。試合に勝利したのはパンクでしたが、彼にとって、この試合がAEWでの最後の試合となりました。

ジョーとの試合前、彼はバックステージでジャック・ペリーと喧嘩し、無関係のスタッフを巻き込みかねない大きなトラブルを起こしました。激怒したパンクは「試合に出ない。AEWを辞める」と発言したとされており、ジョーはその場を収めるリーダーシップを発揮し、パンクを説得。なんとか試合の実現にこぎつけたのです。

最新のインタビューの中で、ジョーはAll Inでのパンクを巡る事件について質問され、次のように語りました。

報道の大部分は読んでないから、どんなことが言われているかは知らない。みんなはいろんなことを言ってるね。俺はすべてを否定しようとするタイプの人間じゃない。

ショーの最初に事件が起きた。みんなで団結したよ。みんなで集まって状況を理解し、ショーを実行するために準備した。そして、俺たちはショーをやり遂げたんだ。

この時点で、真の焦点になったのはここだよ。大規模なショーがはじまろうとしているところで、それを見たがっている熱狂的なファンがいる。だから、俺たちが立ち上がって実行することこそが重要で、実際にやり遂げたことが大事なんだ。俺はAll Inに参加できたことを誇りに思っているよ。

俺はそういう環境に慣れている。俺にしてみればあまり激しい出来事ではないとしても、他の人から見れば非常に激しい出来事だったのかもしれない。でも、俺にはまったく影響のないことだったよ。まさにショーが始まろうとしていたところだったから、ショーを再び起動に乗せ、出発することに集中していた。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【AEW】クリス・スタットランダーがMJFとの友情を語る。「感謝するのは嫌だけど、友人として常に側にいてくれた」
AEW世界王座のチャンピオンとしてAEWの中心的役割を果たしているMJF。27歳にして彼が成し遂げてきたことは非常に大きなものがあり、2024年に開幕するAEW&WWEの「入札戦争...
【AEW】ダービー・アリンがエベレスト登頂計画の詳細を語る。10月にスイスや中国でトレーニング開始、2024年4月に登頂
2024年中のエベレスト登頂を公言していたダービー・アリン。どのプロレスラーもやったことのない偉業を達成するべく、準備を進めています。 世界最高峰のエベレストの頂きを目指す挑戦には...
タイトルとURLをコピーしました