スポンサーリンク

カート・アングルがAEWについて語る。「ナンバー2のススメ」

9月18日(水)からWWE・NXTがUSAネットワークで放送されることになりました。午後8時から10時までの2時間の生放送です。これは10月2日(水)からAEWのウィークリー番組が始まることへの対抗策だと考えられています。

90年代、WWEとWCWが月曜夜のプロレス番組の視聴率をめぐって激戦を繰り広げました。WCWとAEWはレスラー主体の団体経営や放送局がTNTであることなどの類似点が多いため、ファンのみならず、プロレスラーたちも両団体を比較してAEW創立の意見を述べることが少なくありません。

マンデー・ナイト・ウォーズがWWEの圧勝に終わった後、WWEに対抗できる体力を持つ団体は現れませんでした。唯一それに近い存在になる可能性があったのはTNA。しかし、WCWのような立ち位置を確立することがないまま低迷してしまいました。

WWEとTNAで活躍したカート・アングルは、FaceboolでQ&Aセッションを開き、ファンから届いた「AEWとTNAに類似点はあるか」という質問に対して次のように答えています。

類似点はあるよ。AEWが歩もうとしている道はどこまでも続いているんだ。私はAEWのレスラーたちが挑戦することに向いている人たちだということを知っている。うまくやれば成功できるだろう。でも、AEWはナンバー2なんだということを肝に銘じておかないといけない。WWEはあまりにも規模が大きく、何年も先に行っているんだよ。新たに参戦してきた団体がトップの座を獲得することはできない。

TNA在籍時のアングルは経営陣に「ナンバー2であることに満足するように」と伝えていたようです。

(参考: SESCOOPS)

あわせて読みたい

クリス・ジェリコがAEWとWWEの「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」勃発にコメント。「WWEはやりすぎだ」
10月2日(水)から放送が始まるAEWのウィークリー番組に対して、WWEはNXTを現行のスタイルから毎週2時間の生放送に変更し、AEWの番組の同時間帯にUSA Networkで放送する計画を進めています。今日放送のRAWで正式な発表があると...
ウィル・オスプレイが、新日本プロレスとの継続参戦やG1の思い出、レスラー人生の中で忘れられない瞬間について語る
ケニー・オメガが新日本プロレスを去って約半年。今や、外国人エースの座はウィル・オスプレイのものになったと言っても過言ではないでしょう。 21日、Twitterでファンからの質問に答えたオスプレイは、いろんなことを語りました。 質問①...
WWEの女子部門に不満を持つファンがTwitterでキャンペーンを開始 #GiveWWEWomenAChance
2018年のWWE女子部門は素晴らしかったと思っています。UFCのスターファイターだったロンダ・ラウジーのプロレスラー転向、初の女子選手のみによるPPV"Evolution"開催、ベッキー・リンチというカリスマの出現。2019年のレッスルマ...
タイトルとURLをコピーしました