スポンサーリンク

【WWE】ザ・ロック「プロレスは否定できないほどエキサイティングで予測不可能。それはザ・ロックのおかげだ」

インタビュー

レッスルマニア40に向けてローマン・レインズやコーディ・ローデスとのストーリーに身を投じる中でヒールターンしたザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)。

WWEが生んだ世界トップクラスのエンターテイナーである彼は、WWEの親会社TKOの取締役へ就任する際に取引として得た「レッスルマニアでレインズと対戦する権利」を行使せず、そのスポットをRoyal Rumble優勝者コーディ・ローデスに譲りました。

レインズ率いるBloodlineのメンバーに加わって久々のヒールとしての活動をいきいきとこなし、ファンを盛り上げています。

【WWE】ザ・ロックがコーディ・ローデスを挑発。「このカルチャーのために、お前のケツを10回しばく」
ヒールターンしたザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)。 レッスルマニア40でローマン・レインズと対戦するスポットをめぐってコーディ・ローデスとひと騒動あり、結局はコーディから譲られ...
【WWE】セス・ロリンズ「ザ・ロックは20年前と同じ煽り方しかできない…俺は悲しいよ」
レジェンドレスラー、ザ・ロック(ドウェイン・ジョンソン)と対立しているセス・ロリンズ。 彼は、ロック様がWWEの親会社TKOの取締役に就任したことや、本格的にWWEのストーリーへ関...

SmackDown最新回への出演を前に、彼はSNSに彼を批判する「コーディ・ローデスの泣き虫たち」やコーディに対して批判的に語りました。

素晴らしい一週間だった。プロレスの世界、WWEの世界、ザ・ロックの世界、ピープルズ・チャンピオンの世界、グレート・ワンの世界、そして神の緑の地を歩く最も電撃的な男の世界ではね。ザ・ロックにとってのヒーロー(リック・フレアー)の言葉を引用しよう。「誰がこれほどの出来事を引き起こしているんだ?」

ワクワクするね。プロレスは再びワクワクするものになった。何十年ぶりだろうな?プロレスは再びカッコよくなった。いつ以来だよ?プロレスは再び否定できないほどエキサイティングになった。予測不可能で、破壊的なものになった。それは一人の男のおかげだよ。つまり、ザ・ロックだ。

愛するビジネスで、生まれ故郷でもプロレスに戻ってきたザ・ロックは、プロレスをひっくり返し、めちゃくちゃに破壊した。二度と同じには戻らないよ。いい感じだね。最高だよ。ザ・ロックが好きでも嫌いでも、知ったことか。俺はいい気分だからな。プロレスが再びトップに立った。良いことだろ?

ロック様はリック・フレアーの伝記映画の制作に着手したと報じられています。TKOでの取締役としての仕事以外にも、彼はハリウッドでこなすべき仕事がたくさんあります。

(WrestlingNews.co)

あわせて読みたい

WWE入団濃厚のタマ・トンガがBloodlineへ加わる可能性があると報じられる
新日本プロレスでの活動を終了したタマ・トンガ。 現在、彼はWWEへの移籍が濃厚と見られており、「入団する見込み」との報道もありました。フィン・ベイラー(プリンス・デヴィット)、AJ...
アンドラーデがWWE復帰のために AEWからの高額オファーを断っていたことが明らかに
2023年末にAEWから退団し、2024年1月のRoyal RumbleでWWEへ復帰したアンドラーデ。 WWEでメインロースターとしてし活躍していた頃、あまりチャンスに恵まれなか...
タイトルとURLをコピーしました