スポンサーリンク

【AEW】ニック・ウェインが日本を語る。「東京ドームでメインイベンターを務めるのが夢。後楽園ホールでの試合は信じられなかった」

インタビュー

10代にしてインディシーンで存在感を示し、AEWとの契約を勝ち取ったニック・ウェイン。

AEWのトッププロスペクトとしてチャンスを与えられている彼は、2022年にGCW日本遠征に参加し、2023年にDDTへ参戦しました。それぞれ1回ずつ後楽園ホール大会のリングにも上がり、貴重な経験を積みました。

最新のインタビューで、彼は日本への想いを語りました。今後の大きな野望、そして後楽園ホールのリングに上がったことについての熱いコメントです。

(キャリアの目標について)究極の目標は、史上最高の選手になること、あるいは史上最高の選手の一人になることだよ。ジュニアヘビー級のシーンで大きな存在感を示し、いつかヘビー級に上がって、最高の選手の一人になりたいと思ってるんだ。

日本の東京ドームでメインイベンターを務めたいんだよね。これは俺にとって本当に大きな目標なんだよ。すべてのタイトルを獲得し、すべてのトーナメントで優勝したい。できる限り成功して、いつの日か、みんなが俺のキャリアを振り返った時に、「歴史に残るキャリアだったよね」と思ってもらいたいし、リスペクトしてもらいたい。

そして、下の世代のレスラーたちに、「あの男が成し遂げたことを、自分もしたい」と思ってもらえるようにしたいんだ。過去のレスラーがそうしてきたように。彼らの功績や業績を見て、俺は「彼らがしたことをしたい」と言ってる。これからの世代の人々に、同じように俺を見てもらいたいと思っているよ。

(一番印象に残っている遠征について)日本だね。日本デビューできたこと、後楽園ホールで試合ができたのは、信じられないほどすごいことだった。

後楽園ホールはプロレスの歴史的な会場で、俺はそこで行われた多くの試合を見て研究してきた。そんな会場で何度もパフォーマンスできたのは信じられない経験だったな。特に、初めて行った時は……ワオ、YouTubeでしか見たことがなかったのにな、って。

でも、良かったのは、彼らの文化やライフスタイル、レスラーたちの試合を経験できただけじゃない俺は日本のレスラーたちを尊敬しているから、日本に行って彼らのためにツアーできたのは、夢が叶ったような出来事だったよ。

(eWrestlingNews)

あわせて読みたい

【WWE】エディ・ソープ(カール・フレドリックス)がNXTから姿を消していた理由とは?
2023年12月を最後にNXTで試合をしていないエディ・ソープ。 LA道場出身の彼は、日本のファンからは「カール・フレドリックス」のリングネームで知られています。2023年からWW...
ロッキー・ロメロが「新日本プロレス&AEWと複数の契約を結んでいる」ことを明かす。「レスラーとして、スタッフとして…」
新日本プロレスのアメリカ部門NJPW of AmericaとAEWで副社長として働いているロッキー・ロメロ。 複数団体で大きな責任を持ちつつレスラーとしての活動を続け、さらにメキシ...
タイトルとURLをコピーしました