スポンサーリンク

【NXT VS AEW】今週もレイティングはAEWの勝利。しかし、はやり…

ニュース データ

WWE・NXTとAEW・Dynamiteによる水曜夜のレイティング戦争は、先週見られた傾向が今週も続いています。

レスリング・オブザーバーによれば、10月第3週のNXTとDynamiteの平均視聴者数はこのようになっています。

  • NXT: 720,000人(前週790,000人、10%減)
  • Dynamite: 1,014,000人(前週1,018,000人、ほぼ横ばい)

Dynamiteの放送開始から3週連続でDynamiteの数字がNXTを上回りました。3周目も100万人台をキープできたDynamiteは大したものだと思います。一方で、NXTは毎週のように数字を大きく下げてしまっているのが現状です。

さて、注目すべき数字は平均視聴者数だけではありません。18歳から49歳までの視聴も重要なのです。これは番組のスポンサーが最も参考にする数字で、全体の視聴者数よりも重要だとされています。数字はパーセントです。

  • NXT: 0.2(前週0.22、9%減)
  • Dynamite: 0.44(前週0.46、4%減)

数字はほとんどど変わっていないようにも見えます。しかし、初回放送の数字を見てみると、NXTが0.43、Dynamiteが0.68です。両団体とも数字が0.2ほど下がっていることがわかります。

多くの若者を惹きつけることはスポンサーの数や広告料のアップにつながり、団体の繁栄には欠かせない要素です。この数字が下がり続けていることに、両団体とも危機感を覚えているかもしれません。

(Wrestling Observer)

あわせて読みたい

【海外の反応】ブシロードによるスターダム買収について、海外ファンはどう考えているのか?
昨日、新日本プロレスの親会社であるブシロードが女子プロレス団体スターダムを買収したことが明らかになりました。当サイトでは、スターダムの新体制発表記者会見、そしてWWEの動きについて記事を作成しています。 さて、新日本プ...
WWEがスターダムの買収に興味を示していたと報じられる
今日、新日本プロレスの親会社であるブシロードが女子プロレス団体スターダムを買収するという報道があり、スターダムとブシロードが合同で新体制発表記者会見を行いました。株式会社スターダムは株式会社キックスロードと事業譲渡の契約を締結しています。 ...
スターダム新体制発表記者会見レポート。今後の計画や新日本プロレスとの関係性はどうなる?
2019年10月17日、新日本プロレスの親会社ブシロードが女子プロレス団体スターダムを買収すると報じられました。今週になってから話題になっていた噂が実現した形です。 新日本プロレスの親会社にあたる株式会社ブシロード(橋本義賢社長)が、女子...
タイトルとURLをコピーしました