スポンサーリンク

【WWE】ランディ・オートンが残留を決断した理由とは?

2010年に結んだ10年契約が2020年夏に切れるタイミングで新たにWWEとの5年契約に合意したランディ・オートン。AEWのへの移籍をほのめかしたりと話題を振りまきましたが、結局は愛着のあるWWEに残るという決断を下したその理由はなんだったのでしょうか?コーリー・グレイブスのPodcast番組に出演した際、次のように語りました。

5年契約にサインして幸せな気分だよ。俺はただ楽しんでいるだけ。ウィル・オスプレイみたいなやつとか、Codyと一緒に活動している連中のこととか、その辺のことを今まで以上に認識し、今までよりも少し多くプロレスを見ている。過去20年ほどWWEのバブルに加わっているわけじゃないけど、他のスタイルをもう少し理解するようになったね。自分のやり方じゃないと早急に判断するんじゃなくてさ。

気に障る人もいるだろうけど、自分がWWEを去るなんて考えたこともないんだ。自分にとっては、自分が幸せな場所、自分に何をしているか、家族と離れる時間、といったことが核心で。最終的には、すべてに価値がある。今、そういう場所にいるわけで、WWEスーパースターであることは間違いなく嬉しいよ。

あわせて読みたい

【AEW】クリス・ジェリコが考える「引退」。「今のスケジュールなら続けられる」
AEWのクリス・ジェリコ(49)。2018年の新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム」でケニー・オメガと名勝負を演じて以来、常に注目していないと何かを見逃してしまうのではないか、という期待と緊張感から、試合数...
ジム・コルネットが差別発言をきっかけにNWAを去る
人種・同性愛者差別発言が度々話題になるプロレス界の重鎮、ジム・コルネット。彼のソニー・キス(AEW)への差別発言に苛立ったサミ・キャラハンが、MLWでの入場時に解説席にいたコルネットに水をぶっかけたという事件もありました。 ...
【AEW】来週のDynamiteでクリス・ジェリコのタイトルマッチとケニー・オメガ VS PACの再戦が実現へ
来週のDynamiteに関する話題を紹介。 クリス・ジェリコのタイトルマッチ AEW世界王座の初代チャンピオン、クリス・ジェリコ。AEW旗揚げ以降連勝を続けてきた"Le Champion"は、先週のDynamiteでThe In...
タイトルとURLをコピーしました