スポンサーリンク

ジョーダン・マイルス(ACH)が正式にWWEを退団する

WWEがデザインしたTシャツが黒人差別的だと告発し、SNSで不満をぶちまけ続けてきたジョーダン・マイルス(ACH)。先日、Twitterアカウント名をACHにも戻した上でWWEからの退団を報告しましたが、これはあくまで彼個人の感情であり、法的にはWWEとの契約が続いている状態でした。

【WWE】ジョーダン・マイルス(元ACH)が激怒。彼の新Tシャツのデザインが黒人差別的だと告発する
かつて新日本プロレスやROHで活動していたACHは、WWE移籍後の2019年6月にリングネームをJordan Myles(ジョーダン・マイルス)に変更しました。今後のNXTでの活躍が期待される中、WWEが作った彼の新Tシャツのデザインに対し...
【WWE】ジョーダン・マイルス(元ACH)の黒人差別告発が暴走し、プロレス界全体に困惑が広がっている?
先日、ジョーダン・マイルス(元ACH)はWWEがデザイン・販売した彼の新Tシャツが黒人差別的であることを告発しました。そして、告発の一連の流れの中で、マイルスは怒りを様々な方面にぶつけてきました。WWEだけでなく、ROHやジェイ・リーサルに...
【WWE】ACHの帰還。ジョーダン・マイルスがWWEからの退団を報告。「レイシストたちのために働くのはやめた」
10月下旬に大きな話題を集めたWWEジョーダン・マイルス(元ACH)の黒人差別告発騒動。WWEがデザインした彼の新Tシャツが人種差別的であると指摘したことがきっかけでとなったこの騒動の中、彼がWWEパフォーマンス・センターにしばらく顔を出し...
ACHがTwitterのライブ配信で語ったこと。「新日本プロレスで達成すべきことがまだたくさん残っている」
WWEがデザインしたTシャツが黒人差別的だと告発し、ついに団体からの退団を表明するに至ったジョーダン・マイルス(ACH)。WWEからの正式な声明はまだありません。次のどの団体のリングに上がるかはわからない状態です。 ...

しかし、今日、ACHはTwitterでインディ団体への参戦を報告。さらに、Pro Wrestling Sheetによれば、彼は正式にWWEを退団することができたようです。ACHはWWEに戻るつもりがないようですし、WWEにとっても彼をいつまでも団体に引き止めておくメリットがありません。

黒人差別に対する怒りは正しかったと思いますが、その後の言動によりプロレス界でも最も扱いにくい人物になってしまったような気がします。彼自身は新日本プロレスへの復帰を希望しているようですが、実現するかな?

(PWS)

あわせて読みたい

ジム・コルネットが差別発言をきっかけにNWAを去る
人種・同性愛者差別発言が度々話題になるプロレス界の重鎮、ジム・コルネット。彼のソニー・キス(AEW)への差別発言に苛立ったサミ・キャラハンが、MLWでの入場時に解説席にいたコルネットに水をぶっかけたという事件もありました。 ...
【WWE】ランディ・オートンが残留を決断した理由とは?
2010年に結んだ10年契約が2020年夏に切れるタイミングで新たにWWEとの5年契約に合意したランディ・オートン。AEWのへの移籍をほのめかしたりと話題を振りまきましたが、結局は愛着のあるWWEに残るという決断を下したその理由はなんだった...
【AEW】クリス・ジェリコが考える「引退」。「今のスケジュールなら続けられる」
AEWのクリス・ジェリコ(49)。2018年の新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム」でケニー・オメガと名勝負を演じて以来、常に注目していないと何かを見逃してしまうのではないか、という期待と緊張感から、試合数...
タイトルとURLをコピーしました