スポンサーリンク

【WWE】カイリ・セインがハウスショーで試合復帰 / 退団を希望していたマイク・ケネリスがNXTのハウスショーに参加

ニュース

ニュースをまとめて紹介。

カイリ・セインがハウスショーで試合復帰

2019年12月のPPV”TLC”での試合中に脳震盪を起こし、欠場に入っていたカイリ・セインが、現地時間1月17日にルイジアナ州ラファイエットで行われたハウスショーで試合復帰しました。

カイリはアスカ&サラ・ローガンとタッグを組み、ベッキー・リンチ&シャーロット・フレアー&ナタリア組と対戦し、惜しくも敗れてしまいました。

退団を希望していたマイク・ケネリスがNXTのハウスショーに参加

2019年10月に待遇面の不満から団体に対しリリースを要求していたマイク・ケネリスが、フロリダ州メルボルンで行われたNXTのハウスショーに告知なしで参加しました。彼の試合出場は2019年9月24日放送のSmackDownでのチャド・ゲイブル戦以来となります。

ルーク・ハーパーやシン・カラなど、2019年に退団した他のレスラーたちと異なり、マイクは残留にも前向きな姿勢を見せていました。

もしWWEが明日俺に電話してきて、「私たちは君をテレビに出して仕事をさせたい」と言ったら、それは素晴らしいことだ。仕事をするよ。ただ、「君は我々と5年契約を結んでいるんだよ」と言ってくるようなら、家に留まる。

NXTのハウスショーに参加したということは、今後はNXTで活動していく可能性が高いということを意味します。タイラー・ブリーズやファンダンゴなど、メインロースターで満足の行く結果を残せなかったレスラーがNXTに戻るというケースは2019年以降たびたび見られるようになっています。マイクもNXTに活躍の場を見出していくことになるのかもしれません。

(411MANIA)

あわせて読みたい

【WWE】ルーク・ハーパー、シン・カラ、ジ・アセンションがリリースされる。その理由とは?
2019年12月8日、WWEはルーク・ハーパー、シン・カラ、ジ・アセンション(コナー&ヴィクター)の4人をリリースしたと発表しました。 2019年1月に創設された団体AEWへの強い意識から、4月以降、WWEはレスラーを契約途中...
レイシスト疑惑を否定したテッサ・ブランチャードに対し、アリシン・ケイが反論。「紛れもない卑劣な人間」
現地時間2020年1月12日に開催されたインパクト・レスリングのPPV"Hard To Kill"でインパクト世界王座を獲得した女子レスラー、テッサ・ブランチャード。彼女に浮上しているレイシスト&いじめ疑惑は、疑惑を否定する彼女の声明が発表...
AEWは、ROH残留を決めたマーティ・スカルをダーク・オーダーのリーダーにしたいと考えていた?
2020年1月にROHへの残留を決定したマーティ・スカル。団体とは高額の複数年契約を結び、新たにヘッドブッカーとしての仕事も任されることになりました。 2019年11月にフリーエージェントになる前から、スカルはAEWへの移籍が...
タイトルとURLをコピーしました