スポンサーリンク

レイシスト疑惑を否定したテッサ・ブランチャードに対し、アリシン・ケイが反論。「紛れもない卑劣な人間」

ニュース

現地時間2020年1月12日に開催されたインパクト・レスリングのPPV”Hard To Kill”でインパクト世界王座を獲得した女子レスラー、テッサ・ブランチャード。彼女に浮上しているレイシスト&いじめ疑惑は、疑惑を否定する彼女の声明が発表されたことにより再び燃料が投下されました。

テッサ・ブランチャードに浮上したレイシスト & 同僚へのいじめ疑惑、そしてWWEからのオファーがない理由についての噂
現地時間1月12日開催のPPV"Hard To Kill"で王者のサミ・キャラハンを撃破し、インパクト世界王座を奪い取ったテッサ・ブランチャードは、同王座史上初の女性王者という偉業を達成しました。しかし、その一方で、レイシスト疑惑が浮上し、...



1月17日、テッサはTwitterでラ・ロサ・ネグラに対しNワードを使ったという告発を否定しました。

先週、私は仲間のレスラーに対して差別発言を行ったとして批難されました。この告発を読んで動揺しました。はっきり言って、私はNワードを使っていません。私のボキャブラリーの中には、心の中にはそんな言葉はない。レイシズムは私の心にはないのです。

レイシスト&いじめ疑惑が持ち上がっているテッサ・ブランチャードが声明を発表。「はっきり言って、Nワードは使っていない」
現地時間1月12日に開催されたインパクト・レスリングのPPV"Hard To Kill"でチャンピオンのサミ・キャラハンを破り、インパクト世界王座を獲得したテッサ・ブランチャード。同王座初の女性王者という偉業を達成したテッサですが、ショーの...

ネグラは「テッサから差別発言を受けたことは間違いない」とコメントしています。テッサのこの声明は一部のファンからは受け入れられたものの、ネグラの発言を信じる多くのファンからは「信じられない」と批判されていました。

これに対し、告発の口火を切ったNWA女子世界王者のアリシン・ケイがTwitterで反論しました。

ファンの前でベビー・フェイスを装うこともできるけど、私たちの仲間の多くはラ・ロサ・ネグラの発言が本当だということを知っている。それが重要なんだ。

いつの日か、この事件の他の二人の目撃者が名乗り出て、あなたが人種差別主義者であるだけでなく、うそつきであり、紛れもない卑劣な人間であることを明らかにしてくれることを心から願っている。

強烈です。テッサの言動によほど腹を立てていたのでしょう。差別発言があったのは2017年4月に2人がスターダムに参戦していた時期だと考えられています。

また、他の女子レスラーたちに対するいじめ疑惑についてはテッサは黙秘を続けています。

あわせて読みたい

AEWは、ROH残留を決めたマーティ・スカルをダーク・オーダーのリーダーにしたいと考えていた?
2020年1月にROHへの残留を決定したマーティ・スカル。団体とは高額の複数年契約を結び、新たにヘッドブッカーとしての仕事も任されることになりました。 2019年11月にフリーエージェントになる前から、スカルはAEWへの移籍が...
【WWE】HHHがあるトップ・フリーエージェント・レスラーと面会したと報じられる
人材確保に余念がないWWE。今週、NTXのシニア・ディレクターを務めるHHHはあるフリーエージェント・レスラーと面会したそうです。 その男の名はキラー・クロス。2019年に所属していたインパクト・レスリングとセルフ出血アングル...
【NXT VS AEW】AEWが3週連続でNXTを圧倒。レイティング戦争で再び優位に立つ
WWE・NXTとAEW・Dynamiteのレイティング戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。同じ曜日・同じ時間に放送される2つのプロレス番組の間で勃発したレイティング戦争は、2020年に突入して新たな局面を迎えています。 レ...
タイトルとURLをコピーしました