スポンサーリンク

【WWE】オースチン・セオリーのレッスルマニア36出場にあの男の影あり

ニュース

レッスルマニア36で行われるRAWタッグ王座戦の出場者は、チャンピオンチームのストリート・プロフィッツとオースチン・セオリー & エンジェル・ガルザ組です。

もともとはアンドラーデがガルザと組んで挑戦する予定だったものの、2週間前のRAWの試合中に肋骨を負傷し、出場することができなくなってしまいました。その代わりとして抜擢されたのが22歳の若手レスラー、セオリーなのです。

レスリング・オブザーバーによれば、彼を抜擢したのはRAWのエグゼクティブ・ディレクターを務めるポール・ヘイマンとのこと。試合から外れたアンドラーデとプロフィッツはヘイマンがプッシュしているレスラーです。今後、セオリーとガルザもプッシュの輪の中に加わることになるかもしれません。

彼についてはビンス・マクマホンも気に入っているという話があるようなので、今後活躍の機会が増えるかもしれません。

あわせて読みたい

【WWE】ビンス・マクマホンはレッスルマニア36を「無人の大会場」で開催しようとしていた?WWEパフォーマンスセンターでの開催に至った経緯とは
新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、今年のレッスルマニア36は無観客のWWEパフォーマンスセンターで収録された内容がメインの録画放送になりました。放送内容は既に収録済みと報じられています。 レッスルマニア36の開催につい...
現役レスラーはデイブ・メルツァーからの高評価についてどう考えているのか?NXT UKのウォルターが語る
プロレス界の裏側を扱うメディア、通称"Dirt Sheet"の代表的存在であるレスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、プロレス界でも最も特異な人物の1人です。詳しくはDropkickによるメルツァーと親交のあるフミ斎藤氏へのインタビ...
タイトルとURLをコピーしました