スポンサーリンク

【NXT VS AEW】NXTが2020年初勝利!わずか1000の差でDynamiteを上回る

データ

2019年10月2日に始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteのテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。現地時間4月8日放送分のレイティングはどうなっていたでしょうか?

Showbuzz Dailyによれば、両番組の視聴者数は次の通り。

  • NXT: 693,000人(前週593,000)
  • Dynamite: 692,000人(前週685,000)

NXTの勝利!2020年に入ってからの初勝利になりました。1000人差という僅かな差ではありますが、Dynamiteの連勝を止めることに成功。

Dynamiteは4月に入ってから数字が低迷しています。3月まではほぼすべての回で80〜90万台を維持していたものの、4月は2度の放送でいずれも60万台を記録しました。一方、2020年に入ってから視聴者数が伸び悩んでいたNXTは、レッスルマニア36明けの放送ということもあり前週から数字を10万も伸ばすことに成功しました。

両番組ともに苦しい展開が続く中、NXTが話題性で上回ったという感じでしょうか。

もう1つの重要な数字である、18歳から49歳までの視聴率も見てみましょう。

  • NXT: 0.19(前週0.15)
  • Dynamite: 0.26(前週0.25)

こちらではDynamiteの連勝が続いています。NXTは50歳以上の男女の視聴率が高い傾向があり、この対象年齢ではDynamiteに及ばなかった、というのがその理由です。

水曜日にケーブルテレビ局で放送された番組の中では、Dynamiteが32位、NXTが51位。Dynamiteは若年層の男性からの支持が厚く、18〜49歳の男性の視聴率は0.35。トップ20の番組に引けを取らない数字です。その一方で全年齢の女性、50歳以上の男女の数字は相変わらず低いまま。NXTはトップ50に入らなかったので詳細は公開されていません。

あわせて読みたい

【NXT VS AEW】HHH「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」を語る
2019年10月2日から始まったWWE・NXTとAEW・Dynamiteによるテレビ戦争「ウェンズデー・ナイト・ウォーズ」。新型コロナウイルスの感染拡大によって両番組が無人の会場で番組を収録するようになった今も争いは続いており、2020年は...
【WWE】レイ・ミステリオがレッスルマニア36を欠場した理由を明かす
今年のレッスルマニア36はアメリカでの新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、WWEパフォーマンスセンターで収録された映像を中心とした放送になりました。数人のWWEスーパースターが体調不良などの理由によって収録に参加できないという状況の中、レイ...
タイトルとURLをコピーしました