スポンサーリンク

【WWE】ゴールダストは退団・AEW移籍が叶ったのにルーク・ハーパーは退団できなかった。2人の違いは何なのか

4月、WWEのベテランレスラー、ゴールダスト(ダスティン・ローデス)が退団を表明しました。ダスティ・ローデスの息子であるゴールダストは、異母兄弟であるCodyとのシングルマッチのためにWWEのライバル団体AEWに移籍することになりました。結局、新団体の旗揚げ興行への注目度を高める結果に。

そして、WWEに対してリリースを要求したブラジオン・ブラザーズのルーク・ハーパー。Twitterでファンに対して別れの言葉を述べたにもかかわらず、要求は却下され、ハーパーは最低でも来年のレッスルマニア前後までWWEに残らざるを得なくなってしまいました。

この2人の命運はどうして分かれてしまったのでしょうか?レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーは、1人の重要人物の存在を指摘しています。

ゴールダストの退団許可に1人の男の影

WWEのトップであるビンス・マクマホンは、ゴールダストの退団を嫌がったと報じられています。ゴールダストがAEWに合流することはわかりきっていましたからね。では、なぜ最終的にビンスが退団を許可したのか?

ずばり、HHHがビンスを説得したのです。2人の間にどのようなやりとりがあったのかは不明ですが、HHHの説得によってビンスが折れ、ゴールダストは「ゴールダスト」というペルソナを失う代わりに「ダスティン」というリングネームでAEWへの参加が許されたとのこと。

ハーパーの場合はというと、HHHが間に入ることがなかったので、ビンスの決断が優先されたのです。おそらく、ハーパーはまだ一線級のレスラーとしての活躍が期待できるからでしょう。ゴールダストはベテランで、試合数も減っていましたからね。

NXTを軌道に乗せ、新日本プロレスに負けない名勝負や名興行を次々とプロデュースするHHHの存在がWWE内でどれほど大きなものなのかがわかる一件でした。

(Wrestling Observer Newsletter)

・あわせて読みたい

AEWサミー・ゲバラが語る「私がWWEに行かない理由」
新たな選択肢となったAEW 5月25日に旗揚げ興行を行うAll Elite Wrestling。現時点で、上海、メキシコのインディ団体との提携が発表されており、ケニー・オメガとの深い関係からDDTともつながりを持つことが予想されます。AE...
新日本プロレスを退団したマイケル・エルガンがインパクト・レスリングに登場
2019年3月31日を持って新日本プロレスとの契約を満了し、退団したマイケル・エルガン。ROHのスターから新日本本隊の外国人エースへと変貌を遂げた2016年の活躍は記憶に新しいですよね。 2017年に自らが運営するイン...
「AEWはCMパンクにとって完璧な場所だ」クリス・ジェリコがカムバックしたCMパンクの今後に言及
先日、サイラス・ヤングがオーナーを務めるローカル団体の興行中にマスクをかぶったCMパンクが乱入し、GTSを披露しました。この件はパンクの5年ぶりのプロレス界へのカムバックとして世界中で話題になりましたね。 また、AEW...
タイトルとURLをコピーしました