スポンサーリンク

【AEW】ミロ(ルセフ)が他団体に参戦可能な契約オプションについて語る。「日出る国とか?」

インタビュー

2020年4月にWWEからリストラされ、9月にAEWと契約したミロ(ルセフ)。WWEではいろんな事がありましたが、AEWではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?

彼はAEWと複数年契約を結びました。契約には、他団体にも参戦可能なオプションが含まれています。AEW所属レスラーは基本的に専属契約ですが、クリス・ジェリコやジョン・モクスリー、ケニー・オメガ、マット・ハーディー、ルーク・ハーパーなどはアメリカ国外の団体にも出場可能な契約になっています。ミロもこの中の1人です。

AEWと契約したけど、活動がAEWだけに制限されることはないよ。

Twitchでの生配信の中でミロはこのオプションについて語っています。制限されることはない。では、どこに行く可能性があるのか?

団体の名前を出すつもりはないんだけど、違う国で仕事をすることが許されている、とだけ言っておくよ。もしかしたら、日出る国とか?その時が来るまで待っていてくれよ。

日本!

この後、ミロは日本のプロレスについての考えを語りました。彼にとって、日本で試合をすることは生涯の夢だったそうです。

ミロ、お前は自分のすべての夢の叶えるために生きていくんだ。ただ信念を貫くんだ、と時々神様が言ってくれるんだよね。だからこそ、WWEからリリースされた後、AEWに行く、違う場所で働くと信じて疑わなかった。そして、今はそういう展開になっている。

新型コロナウイルスのパンデミックさえ収まれば、日本の団体がミロと仕事をしたいと考えれば……。みんなで大合唱できるかもしれません。

(参考: SESCOOPS)

あわせて読みたい

【WWE】フィン・ベイラーが「デーモン・キング」ギミックの難しさを語る。「驚きがなくなってしまった」
2016年以来となるNXT王座戴冠を果たしたフィン・ベイラー。彼は「デーモン・キング」という特別なギミックを持っています。 WWEでもここぞという場面でのみ登場するキャラクターですが、彼自身はこのギミックがメインロース...
【WWE】AJスタイルズが2019年にAEWと話し合いをしていたことを明かす
AJスタイルズがプロレス界のトップスターの1人であることは誰もが認める事実でしょう。ルックスよし、試合よし、パーソナリティよし。すべてのプロレスファンを魅了するフェノメナールは、2019年にWWEと複数年契約を結び、残留することを決断しまし...
タイトルとURLをコピーしました