スポンサーリンク

【WWE】AJスタイルズが2019年にAEWと話し合いをしていたことを明かす

インタビュー

AJスタイルズがプロレス界のトップスターの1人であることは誰もが認める事実でしょう。ルックスよし、試合よし、パーソナリティよし。すべてのプロレスファンを魅了するフェノメナールは、2019年にWWEと複数年契約を結び、残留することを決断しました。

2019年のプロレス界といえば、新団体AEWの設立が大きなトピックスでした。The Eliteが中心となって設立された新団体の誕生は、ファンだけではなく、レスラーにとっても魅力的でした。

AJがWWE残留を決断したのは3月のことです。当時、AJと親しいカール・アンダーソン & ルーク・ギャローズの2人もWWEとの残留交渉を行っていましたが、「9月の契約切れと同時に退団するだろう」という見方が一般的でした。2人のWWE残留にはAJの説得も影響しており、2019年の夏頃に2人の番組出演が増えたのはAJの影響力によるところも多かったとされています。

AJスタイルズが3月に更新したWWEとの契約について語る。「俺にとって最後の契約」
AJスタイルズが、出演したPodcast番組で今年3月に更新したWWEとの契約、そしてキャリアについて語りました。 俺がサインした契約は、俺にとって最後の契約なんだ。これで終わり。どんなことがあっても、ここで俺のキャリアは終わりだ...
カール・アンダーソン & ドク・ギャローズが語る「2019年にAEWに入団しなかった理由」
2019年1月にAEW設立が発表された後、多くのプロレスファンが「AEWに行ってほしいレスラー」を妄想していました。その中には、WWEでなかなか活躍の場が与えられていなかったカール・アンダーソン & ドク・ギャローズが含まれているこ...

しかし、AJがAEWに移籍する可能性もゼロではなかったのだそうです。残留を決断する前にAEWのヤング・バックスと会い、話し合いをしていたとTwitchの生配信で明かしました。

これはビジネスだ。いろんなことが話題になる。あれもその1つだよ。バックスは俺の友達だ。お金のことには触れなかったけど、話をする機会はあったよ。俺の契約切れが近かったし。そんなものさ。ビジネスだからね。

もしAJがAEWに入団していたら?ヤング・バックスのマット・ジャクソンは、AJとギャローズ & アンダーソン、つまりThe ClubがAEW・Dynamiteの初回放送に乱入し、Bullet Clubの元メンバーたちと再会するというプランがあったことを明かしています。

【AEW】ヤング・バックスが語る「Dynamite放送開始前のAJスタイルズ、カール・アンダーソン、ルーク・ギャローズとのやりとりと壮大な計画」
2019年、3人のレスラーが契約更新の時期にありました。AJスタイルズ、カール・アンダーソン、ルーク・ギャローズ。元Bullet Clubのメンバーで、WWEでは"The Club"として活動していた仲良し3人組です。全員がWWEへの残留を...

業界全体を巻き込むような大きな出来事があると、それに付随した色んな話が出てきて面白いですね。

(参考: Fightful)

あわせて読みたい

【AEW】インドでのDynamite放送に向けてテレビ局と話し合いの席が設けられている
WWEは超大国インドの市場を開拓すべく努力を続けてきました。特にジンダー・マハルにかかる期待は大きかったですね。 その努力の甲斐もあってか、インドには一定数のプロレスファンが存在します。Wrestling Incによれば、WW...
【WWE】ウェイド・バレットがWWEと契約を結ぶ。2016年以来の古巣復帰
2016年までWWEで選手として活躍し、退団後は様々な団体でコメンテーターなどとして活動してきたウェイド・バレット。2020年8月26日に放送されたNXTにコメンテーターとして登場し、久々のWWE復帰を果たしていた「バッド・ニュース・バレッ...
タイトルとURLをコピーしました