スポンサーリンク

AEW入団を希望しているとされるマンス・ワーナーが所属団体MLWの収録を欠席。事情は複雑

ニュース

2020年10月、MLW所属のマンス・ワーナーが団体に対してリリースを要求したものの、受け入れられなかったことが報じられました。彼に対してはAEWが強い関心を持っており、AEW入団のためのリリース要求だったとされています。

AEWとの契約のためにMLWからの退団を希望したレスラーが要求を拒否される
10月に番組の収録を再開し、11月から新エピソードが放送される予定のMLW。1人のレスラーの契約を巡って揉め事が起きているそうです。 Bodyslam.netによれば、所属レスラーのマンス・ワーナーが契約途中での退団を希望した...

MLWは新型コロナウイルスのパンデミックにより活動を停止してきましたが、数週間前にリスタートのための収録を行いました。フリーランスのACHやリオ・ラッシュが参加したこの収録に、所属レスラーのワーナーはいなかった、とFightfulは報じています。

彼は少なくとも2019年6月までは契約書の内容をきちんと把握しておらず、AEWを含む特定の団体に参戦できるかどうかを理解していませんでした。現在、彼はMLWとの契約を巡る紛争に巻き込まれており、彼と団体の間には弁護士が介入しているそうです。

あとどれくらいの契約期間が残っているのかについて取材されたMLWは、具体的な期間は名言しなかったものの、ワーナーがMLWに所属しているということを強調しました。

MLWのロースターは専属契約を結んでいるわけではないため、インディ団体のイベントには参加することができます。しかし、特定の団体への参戦は制限されるようです。

なお、MLW所属でありながら”AEW Dark”に参戦しているブライアン・ピルマン・ジュニア、WWEとの関係を持っているデイビーボーイ・スミス・ジュニアはリスタート収録に参加したそうです。

ワーナーに対しては、AEW以外の複数の団体も興味を示しているとのこと。今後に注目です。

(Fightful)

あわせて読みたい

【WWE】SmackDownデビュー戦で骨折したチェルシー・グリーンが手術を受けることに。夫ザック・ライダーが彼女の不幸なキャリアを明かす
SmackDownの最新回でメインロースターデビューを果たしたチェルシー・グリーン。残念なことに、試合中に負傷してしまいました。 リヴ・モーガン&タミーナ&ナタリアとのFatal 4-wayマッチに出場したグリーンは、...
【新日本プロレス】選手たち「は」AEWとの仕事に興味を示していると報じられる
新日本プロレスのハロルド・ジョージ・メイ社長が退任するタイミングで、新日本とAEWの関係について様々な話が出てくるようになりました。 AEWは番組内で新日本に言及することが増え、新日本のTwitterアカウントがAEWアカウン...
タイトルとURLをコピーしました