スポンサーリンク

【AEW】コンソールゲームのフッテージが公開される。ダービー・アリンのモデルは悪くなさそう

ニュース

2020年夏にスタートしたAEWのコンソールゲーム開発プロジェクト。8桁ドルもの投資を受けた開発チームは、2022年初頭のリリースに向けて日々努力を重ねています。制作を担当するのは「WWE 2K」シリーズを手掛けていたユークスです。

【AEW】ケニー・オメガがコンソールゲームの制作を語る。「今のプロレスのスタイルを昔のゲームのような感じで表現することが課題」
昨秋、AEWはコンソールゲームの制作を正式に発表しました。「WWE 2K」シリーズの制作に携わっていた日本のゲーム会社ユークスが制作を担当しています。 AEW副社長で現AEW世界王座チャンピオンのケニー・オメガは、ta...

昨日、AEWはゲームのフッテージを公開しました。人気レスラー、ダービー・アリンのモデルや試合の動きなどをチラ見せしています。

悪くないんじゃないでしょうか?アップで見ると肌がザラつきすぎな気もしますが、ゲーム中であればなんら問題はないでしょう。コフィン・ドロップには浮遊感がありますね。ユークスが制作するわけですから、基本的なところは大丈夫でしょう。

今年はWWE 2Kも復活しますし、プロレスゲームというジャンルも盛り上がりそうですね。個人的にはどっちも買う予定ですが、既存の選手たちを操作するよりもオリジナルの選手を作って戦うほうが好きなタイプなので、キャラクタークリエイトが充実している方をメインで遊ぶことになりそうです。

【WWE】復活するゲームシリーズ「WWE 2K」、どん底からのスタートへ。「評判は理解してる」
WWEを題材にしたゲーム「WWE 2K」。長らくプロレスゲームの代表格として愛されてきたシリーズは、2019年発売の「2K20」の評判があまりにも悪かったため、2020年の新作発売を見送るという最悪の出来事がありました。 ...

あわせて読みたい

【WWE】「OKADA」とツイートしたドリュー・マッキンタイア、オカダ・カズチカとの対戦について質問され…
WWEと新日本プロレスの交渉が報道された後、元WWE王座チャンピオンのドリュー・マッキンタイアが新日本所属選手の名前を使ったジョークをツイートしていました。 On Monday Kofi will Accept his ...
新日本プロレスとWWEの交渉は停滞していると報じられる
先月、新日本プロレスとWWEが提携に向けて交渉中だと報じられました。後に議論の中心はダニエル・ブライアンの新日本参戦だったと判明しましたが、ずいぶん長い間交流を断っている両団体の接触は大きな話題になりました。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました