スポンサーリンク

ブレイ・ワイアットが今後の活動を予告するツイートを投稿。「命果てるまで」

ニュース

2021年7月にWWEからリリースされたブレイ・ワイアット。彼がWWEから離れたことは、団体内部に大きな変化をもたらし、WWEの1つの方針を浮き彫りにしました。

【WWE】ブレイ・ワイアット解雇により、選手・スタッフたちの間で不安が広がっていると報じられる
2020年以降、WWEは所属選手を解雇する機会が増えています。その対象は様々で、カート・アングルのようなレジェンドもいれば、ルセフやアンドラーデ、The Revivalのような団体に不満を持っていた選手たち、ブラウン・ストローマンのような「...
【WWE】ブレイ・ワイアット解雇の背景にあった「社長とCFOの執着」とは
今日、WWEはブレイ・ワイアットを解雇しました。 PWInsiderは、この件の背景を報じています。 まず、ワイアットに解雇を伝えたのはタレント・リレーション部門の責任者を務めるジョニー・エースで、「シンプルに予...

彼の競業回避義務が切れるのは10月29日。それまでは活動を停止せざるを得ません。クリエイティブな人気者の去就には注目の的になっており、「プロレスラーを廃業して俳優になるのでは」と予想する意見もありました。

しかし、どうやら彼は今後もプロレスを続けていくようです。

偉大なロックミュージシャン、エディ・ヴァン・ヘイレンの明言を引用。「ロックスターは現れてはすぐ消える。ミュージシャンは命果てるまでプレイし続ける」……この対比は、つまりそういうことでしょう。

とはいえ、どこで活動していくのか、というのが気になります。ロースターが増える一方のAEWはもうそろそろ余裕がなくなりそうですし、かといってインパクト・レスリングだと手に余るというか。マーベル・コミックがプロレス団体を設立するというアイデアがまだ生きていれば、団体の発展に貢献できそうな気がします。実現するにしても何年後だよって話ではありますが……。

ブレイ・ワイアットはAEWに入団する可能性が高いと報じられる
2021年7月にWWEから解雇されたブレイ・ワイアットの去就に関する情報です。 レスリング・オブザーバーのデイブ・メルツァーによれば、彼はAEWと契約する可能性が高いそうです。 競業回避義務が終了していないから100%とは言...

あわせて読みたい

【新日本プロレス】現役復帰のCMパンクが新日本参戦の可能性に言及。「トニー・カーンがポール・ポジションを取る」
AEW Rampageで2014年以来のプロレス界復帰を果たしたCMパンク。復帰の場として選んだ団体がAEWだということは、とても大きな意味を持ちます。 なぜなら、AEWは世界中の団体と提携しているから。メキシコのAA...
【AEW】CMパンクはメディアスクラムで何を語ったのか?復帰した理由、AEWとの契約内容、ダービー・アリン戦のアイデア、AEWとWWEの違い…
世界中のプロレスファンが待ち望んだ瞬間でした。現地時間8月20日に放送されたAEW Rampageで、CMパンクが復帰したのです。現代プロレス界で最も神格化された存在といえるプロレスラーが、(彼が言うところの)「プロフェッショナル・レスリン...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました