スポンサーリンク

ブラウン・ストローマンがAEWの関係者とやり取りしていることを認める

ニュース

WWEの顔とも言える存在だったブラウン・ストローマン。2021年6月に解雇された後、次の契約先がどこになるのかに注目が集まっています。

ブラウン・ストローマンがWWEからの解雇を振り返る。「それ以上のことをするために生まれてきたんだと気づいた」
2021年6月にWWEから解雇されたブラウン・ストローマン。団体の顔とも言える存在でしたが、団体内「選手としてのピークは過ぎた、年俸が高すぎる」と見なされていたそうです。 先日、彼はEC3のプロモーション「Free The N...
MLWがブラウン・ストローマン & ボー・ダラスとの契約を試みるも実現しなかったことが明らかに
2020年以降、WWEから多くのレスラーが退団しています。その多くは他団体からのオファーを受けていますが、実際に契約や参戦に至るかどうかはわかりません。 MLWのCEOを務めるコート・バウアーは、2021年にWWEから解雇され...

先日はインパクト・レスリングの副社長スコット・ダモールと面会していたことが報じられた彼ですが、Sports Illstratedのインタビューの中で、AEWの関係者とやり取りをしていることを認めました。彼が理想とするのは、プロレス以外の仕事にも時間を割くことができる団体のようです。

私生活で取り組んでいることがたくさんあるから、すべてが上手くいくような形を模索しているところなんだ。今のところ、フルタイムでプロレスに取り組む時間はないかな。

理想は、みんなを楽しませることができて、かつ自分のサイド・プロジェクトにも取り組めるような団体だね。

インパクトはストローマンの理想を叶えられる団体ですし、AEWもWWEと比べれば時間の余裕はあるでしょう。どの団体へ行くにせよ、いい人生を歩むことができるといいですね。

ブラウン・ストローマンがインパクト・レスリング副社長と接触したと報じられる
2021年6月にWWEから解雇されたブラウン・ストローマン。団体生え抜きのスーパースターが初めてWWEを離れることになったわけですが、彼の次の契約先がどこになるのかについては様々な噂が流れました。 PWInsi...

SI

あわせて読みたい

ブライアン・ダニエルソンがWWEに『日本で活動したい』と伝えていたことを認める
2021年春、WWEと新日本プロレスが業務提携に向けた交渉をしていることが報じられました。メインの話題はダニエル・ブライアンの新日本参戦に関するものだったとされています。 WWEとしては、当時フリーエー...
【海外の反応】ドリームマッチは壮絶なしばき合いに。鈴木みのる VS ブライアン・ダニエルソンを海外ファンはどう見たか?
現地10月15日に放送されたAEW Rampageは、番組放送前に1時間のYoutube無料生配信がありました。3試合とプロモで構成されたこの配信で、鈴木みのるとブライアン・ダニエルソンのシングルマッチというとんでもないカードが組まれたので...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました