スポンサーリンク

マット・ハーディー「AEWのファン層は他と違う。リアルさを求める」

未分類

プロレス団体ごとに団体の特徴やファン層は違うものです。WWEはファミリー層への意識が強く、ライト層のファンを多く抱えています。

AEWにはアンチWWEという側面があり、トニー・ニースがAEW参戦について「100人の前でやっていたことを、数千人の前でやれるのが楽しみ」と話していたように、いわゆるインディー色も強い団体です。

WWEやTNAなどで長年にわたって活躍してきたベテランレスラーのマット・ハーディーは、AEWのファン層の特徴について次のように語っています。

AEWのファンをよーく見ていて思うのは、俺がこれまでに働いてきた団体とは層が異なるということだね。インパクト・レスリングの場合だと、ファンはプロレスの枠から外れるようなことをより受け入れてくれた。WWEのファンはより超自然的なことにも関心がある。

AEW Dynamiteのファンは、オールドスクールなリング上のリアルさが本当に好きだね。現実との境界線の内側にあるものだ。そこに焦点を当てて頑張ろうと思ったよ。

The Elite内の格差に苦悩していたハングマン・ペイジが熱狂的な人気を獲得していく過程は、まさに虚実入り混じったものでした。ペイジがAEW世界王座のチャンピオンであることは、団体のファン層を象徴しているのかもしれません。

Cultaholic

あわせて読みたい

【WWE】ビッグEがAEWを語る。「今はみんなにプロレスをする場所がある」
レスラーがWWEからAEWへ移籍することは珍しくなくなりました。 契約切れのタイミングだったり、WWEから解雇されたり、その背景は様々。しかし、「自分にフィットしている」場所で活躍し、WWEと遜色ない給料がもらえるわけで、レス...
【新日本プロレス】ロッキー・ロメロが語る「AEWとの禁断の扉を開くのに貢献した男たち」
元新日本プロレスの外国人選手たちが中心となって2019年に設立されたAEW。当時新日本の社長を務めていたハロルド・ジョージ・メイはAEWと関わらないという方針を取っていましたが、彼の退任後、両団体は緊密な関係を築くようになりました。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました