スポンサーリンク

【WWE】ケビン・オーエンズのバックステージでの評判は極めて高い

ニュース

2022年1月にWWEとの契約が切れるケビン・オーエンズ。先日、団体との再契約に合意し、2025年までの大型契約での残留が決まりました。

【WWE】ケビン・オーエンズが残留。複数年契約を結ぶ
2022年1月にWWEとの契約が満了すると報じられていたケビン・オーエンズ。 業界屈指の人気者がフリーエージェントになれば、インディ時代の仲間たちが活躍しているAEWへ移籍する可能性が高いとされていました。彼自身、かつ...

インディ時代から素晴らしい活躍を見せてきたKO。彼のバックステージでの評判について、Fightfulが報じています。

仲間たちから好かれる存在になる選手もいれば、そうじゃない選手もいる。ベッキー・リンチとシャーロット・フレアーの確執が報じられた際、ベッキーは好かれ、シャーロットはそうではないと報じられました。KOの場合は「尊敬され、好かれている」とのこと。ある選手は、KOのことを「良い道徳的指針だ」と評しているそうです。

また、年俸2〜3億円とされる大型契約について、別の選手は「いくつもの理由から」ふさわしいと考えており、また別の関係者は3週間前の時点でKOの残留を確信していたそうです。

彼の契約が2022年1月で切れることが初めて報じられた2021年9月の時点では「対談する可能性が高い」と報じられました。WWEユニバースはドキドキしたと思いますが、こうして残留が決まって何よりですね。

(Fightful, Cultaholic)

あわせて読みたい

【AEW】ブライアン・ダニエルソンがハングマン・ペイジを語る。「現代のスティーブ・オースチンだ」
Dynamiteの最新回は特別回「Winter is Coming」でした。 第1試合として行われたハングマン・ペイジ(c)とブライアン・ダニエルソンによるAEW世界王座のタイトルマッチは壮絶な死闘となり、60分時間切れドロー...
FTRとAEWの契約は残りわずか。「AEWと新日本プロレスのタッグタイトルを獲りたい」
タッグ戦線が非常に充実しているAEWにおいてトップクラスの働きを見せているFTR(ダックス・ハーウッド & キャッシュ・ウィーラー)。WWEで「The Revival」として活動していた時からクオリティの高さは変わりません。 ...

ランキング参加中。

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました